さてさて今回は、GMOコインについてお伝えしたいと思います。

仮想通貨取引を行いたい方は、GMOコインの利用も考えていることでしょう。

GMOコインは安全なのか、評判はどうなのかについて、下記で詳しく書いていきます。

東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社

東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社

GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社になります。

東証一部上場のグループ会社なので、安心感があるでしょう。

知名度がない会社よりも、GMOインターネットのグループ会社の方が、安心して取引できると思います。

GMOコインは、親元が実績ある会社なので、信頼も置けるのではないかと思います。

話題のリップル含む5種の仮想通貨で取引可能

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

また、現在GMOコインは、話題のリップル含む5種の仮想通貨が取引可能となります。

ビットコイン以外の仮想通貨も取引できるのが魅力です。

仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」

仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」

また、GMOコインでオススメな機能が、仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」です。

「ビットレ君」を使えば、先に挙げた、仮想通貨5銘柄のFX取引が行えます。

仮想通貨FXに欠かせない、

  • リアルタイムのレート
  • 建玉サマリー
  • 建玉一覧
  • 注文一覧
  • 約定履歴

などを表示しながら、トレードを行うことができます。

また、1タップで即時発注ができる、スピード注文も搭載しているので、スピーディな取引が可能です。

全9種類のテクニカル指標が利用できる『チャート』

  • 単純移動平均線
  • 指数平滑移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • 平均足
  • MACD
  • RSI
  • DMI/ADX
  • RCI

そして、「ビットレ君」では、上記の全9種類のテクニカル指標が利用できるのです。

スマホでも、豊富な種類のテクニカル指標を見て、トレードすることが可能になります。

仮想通貨ウォレットアプリ

また、GMOコインには、仮想通貨ウォレットアプリあり、トレードから資産管理まで一つのアプリで完結することができます。

仮想通貨FXだけではなく、取引所(現物)、販売所での購入も可能です。

GMOコインならば、スマホひとつで資産管理が行うことができます。

PC専用の高機能ツール「WebTrader」

PC専用の高機能ツール「WebTrader」

さらに、GMOコインでは、取引所(レバレッジ)取引に特化したPC専用の高機能ツール「WebTrader」を利用することができます。

「WebTrader」は、81種類のインジケーター、70種類を超える描画機能を搭載した、数百万人のトレーダーに愛される高性能チャート「TradingView」を採用しています。

Webブラウザを使った取引で、Windows・macOSの両方対応可能です。

GMOコインの追証および証拠金維持率

GMOコイン追証

ただし、注意が必要なのは、GMOコインには追証があることです。

追証があると、トレードで資金を超えるほどの大きなマイナスが生じた場合、追加徴収される場合もあります。

GMOコインの公式サイト内にも、「ロストカットの執行により、お口座に不足金が発生した場合は、不足分を請求させていただきます。」と記載されているので、トレードで大きな損失を生み出さないように注意が必要です。

なお、国内の仮想通貨取引所のほとんどが追証がありますので、もし追証なしでトレードしたいならば、海外の取引所がオススメです。

少額から取引開始可能!

GMOコインは、1BTC=100万円の場合は、100円(0.0001BTC)から取引ができるので、少額資金の方でも、取引を開始することができます。

各種手数料は全て0円!

また、即時入金、出金手数料、口座開設手数料、仮想通貨の送金手数料が全て無料(振込入金の場合、振込手数料はこちら持ち)です。

手数料を抑えたい方にとっても、魅力ではないでしょうか。

安心・安全な取引環境

やはり、仮想通貨を取引する上で、安心・安全に取引できる環境は必須だと思います。

そういう意味でも、GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした、資産管理とセキュリティ体制のある、GMOコインはオススメです。

興味ある方は、ぜひGMOコインをチェックしてみると良いでしょう。

GMOコインの公式サイトはこちらになります。GMOコイン

GMOコイン