trading view(トレーディングビュー)はかなり使えます。

trading view(トレーディングビュー)はトレーダーには必須

trading view(トレーディングビュー)はトレーダーには必須

仮想通貨やFXなど、チャートを見ながらトレードするひとは、ぜひtrading view(トレーディングビュー)を利用した方が良いでしょう。

trading view(トレーディングビュー)の公式HPはこちら!

チャートが見やすい

trading view(トレーディングビュー)

画面を見てもらうとわかる通り、trading view(トレーディングビュー)はチャートが非常に見やすいです。

背景は、白or黒に切り替えることができ、チャートもカラフルに表示されていて、非常に見やすいのです。

豊富な数の時間足

豊富な数の時間足

また、時間足も月足、週足、日足、4時間足、1時間足、5分足、さらには秒足など、豊富な時間足が用意されています。

ラインが引きやすい

トレンドライン

また、trading view(トレーディングビュー)では、簡単に平行線やトレンドラインなどを、好きな色で引くことができます。

色を使い分けて表示できるため、ラインも見やすいのです。

様々なインジケーターが観れる

trading viewのインジケーター

また、trading view(トレーディングビュー)には、ボリンジャーバンド、MACD、フィボナッチ、MA、RSIなど様々なインジケーターがあります。

その他にも、ユーザーが独自に開発したマニアックなインジケーターもあります。

イベントがいつ行われるかすぐわかる

イベントがいつ行われるかすぐわかる

trading view(トレーディングビュー)を使えば、チャート上にいつイベント(雇用者統計指数など)があるかもわかるので、トレードもしやすいです。

特に、イベント時は相場が大きく動くことがあるので、チャート上にイベントの時間が記載されていると、トレードもしやすいのです。

有料版がおすすめ!

有料版がおすすめ!

trading view(トレーディングビュー)は、無料でも使えますが、個人的には、有料版がオススメです。

有料版で利用できること
  • 広告の非表示が可能
  • タブ毎に異なるチャート表示が可能
  • 同時に複数のデバイスでアクセスが可能
  • チャートレイアウトの複数保存が可能
  • 秒足表示が可能
  • チャート毎のインジケーターを5個以上表示可能

trading view(トレーディングビュー)を有料版で利用することで、上記のような機能が使えます。

例えば、タブ毎に異なるチャート(USD/JPY、GBP/JPY、EUR/USDなど)を表示させたいときもあるでしょう。

そういう場合は、有料版でないと異なるチャートを表示させて、各チャート毎に使用するインジケーターを分けたり、個別にチャートのレイアウトを保存することができません。

各通貨ペア毎に、異なるラインを引いたりするはずです。

そういう場合も、有料版でないと複数の通貨ペアのチャートレイアウト保存ができないのです。

試しにtrading view(トレーディングビュー)を使ってみる分ならば無料版でも良いかもしれませんが、本当にtrading view(トレーディングビュー)を使い込みたいならば、有料版がオススメです。

また、有料版でも最初の30日間は無料お試しで使えるので、とりあえず試しに使ってみるのも良いでしょう。

快適にトレードしたいならば、trading view(トレーディングビュー)は必須!

快適にトレードしたいならば、trading view(トレーディングビュー)は必須!

このように、すべてのトレーダーにtrading view(トレーディングビュー)をオススメします。

使っている身からすると、もうtrading view(トレーディングビュー)なしのトレードは考えられません。

興味ある方は、下記よりぜひtrading view(トレーディングビュー)をチェックしてみると良いでしょう!

trading view(トレーディングビュー)の公式HPはこちら!