2017年ビットコインが200万円近くまで高騰していたのが、2018年暮れには30万円台という嘘のような数字になっています。

このままビットコインはオワコンになってしまうのか、私なりの考えを述べたいと思います。

今までが高すぎた

今までが高すぎた

まず、単純に今までがあまりにも高すぎたのだと思います。

2017年は、狂ったようにビットコイン祭りが騒がれ、尋常ではない上げを見せました。

ビットコインへの過度な期待

それはまるでバブルのようなものです。

ビットコインへの過度な期待が、狂ったような高騰を記録したのでしょう。

当時ビットコインに熱を入れていたひとたちは、「これからはビットコインの時代だ!」のTwitter内を賑わせていました。

しかし、いま現在(2018年12月時点)は、当時の1/6以下の値段になっています。

高い値段でビットコインを買っていたひとたちは、悲鳴をあげまくっています。

ビットコインでご隠居生活を考えていたひともいると思いますが、その後はわかりません。

これだけ超急激な下落をすると、税金の支払いも大変になるでしょう。

あまりの急落っぷりに、多くのひとがビットコインはオワコンと考えてしまっている状況です。

周りに流されていては、投資でなかなか稼げない

しかし、周りの意見に流されていては、なかなか投資で稼ぐことはできません。

ビットコインの高騰に浮かれていた方たちは、当時の高騰を目に飛びついたひとも少なくなかったはずです。

しかし、高騰しているときこそ、安易に飛びつくのは危険なのです。

いつ下がってもおかしくないことも予想しておく必要があるのです。

そして、いま現在この大暴落を迎えて、多くのひとが震え上がっています。

しかし、この状況が続くかは誰にもわかりません。

これから回復する可能性もあるでしょう。

大切なことは、周りの意見ばかりに流されずに、自分で考えることです。

BTCFXなら決して終わりではない

例えば、BTCFX(ビットコインFX)で考えたら、この下げ相場は全くオワコンでもなんでもありません。

むしろ、これだけ大きく値動きしてくれれば、ショート(売り)で入った場合に、大きく稼げるチャンスもあります。

人生も投資もなんでもそうですが、ピンチこそチャンスのときなのです。

ただ周りの意見に流されるのか、それとも自分でしっかり考え現状を見つめ、未来を予測するのかで、稼げるかも変わってくるのです。

仮想通貨が本当にオワコンなのかは怪しいところです。

本来の通貨に変わるものが将来出てきても、全く不思議ではありません。

未来は誰にも予測できず、安易にオワコンと考えてしまうと、みすみすチャンスを逃すことにもなります。

いつの時代も、多くのひとが気付いていないところにこそ、大きなチャンスがあるものです。