これから仮想通貨FXをしたいけれども、ZaifとbitFlyerどちらがいいか、迷う人も少なくないのではないでしょうか。そこで、各々の特徴について詳しく書いていきたいと思います。

人気なのは、やはりbitFlyer(ビットフライヤー)!

ビットフライヤーは人気

ZaifとbitFlyerどちらが人気かといえば、やはりbitFlyer(ビットフライヤー)の方が人気です。

上記のようにTwitterを見ても、bitFlyerを使っているのが多いというのがわかると思います。なぜ、みんなビットフライヤーなのかというと、単純に仮想通貨の取引高が国内でもっとも多いということでしょう。人が多く集まる取引所なので、当然多くのトレーダーも集まり、またビットフライヤーで取引することに慣れてしまい、なかなか他の取引所に移動しづらいという面もあります。

また、ビットフライヤーの場合は、日次、月次、年次で損益額をすぐに知ることができるのも、大きなメリットでしょう。あとは、チャート画面も見やすいですので、毎日トレードする方にもオススメですね。

ただし、ビットフライヤーはSFDと追証ありが難点

人気なビットフライヤーですが、難点もあります。それが、SFDと追証ですね。SFDは、ビットコインの現物価格とFX価格で、価格乖離があった場合に手数料が発生します。現物との価格乖離が広い決算をしてしまった場合は、乖離分支払う必要が出てきますし、逆に価格乖離を狭める決算ならば、乖離縮小分の利益が得られる可能性があります。

つまり、ビットフライヤーでは、SFD分も含めた取引を行わなければいけなく、余計頭を悩ます取引となります。さらに、このSFDによる利益を狙ったbot(自動取引)も出没しており、ビットフライヤー内の相場が大きく乱れる自体が発生しています。

本来、価格乖離縮小を狙ったSFDが思わぬ混乱を招く結果となり、ビットフライヤーで取引していたトレーダーも離れていく傾向にあるのです。また、ビットフライヤーは、もし投資金額以上に損失が出た場合は、さらに支払わなければいけない可能性もあるので、人気なのですが問題点もややあるのです。

Zaif(ザイフ)なら追証なしで取引できる

ザイフ

一方で、Zaif(ザイフ)の場合ならば、追証なしで取引ができます。ですから、ある程度思い切って取引することも可能でしょう。また、Zaif(ザイフ)の場合はビットコイン以外の仮想通貨も幾つか扱っています。

さらに、Zaif(ザイフ)トークンというのもあり、投資家の間では、値上がりを期待しているトークンでもあります。

Zaif(ザイフ)は突然バグが発生することがある!

そんなザイフですが、問題点はバグ発生にあります。他の取引所では100万円台のビットコインが、なぜがザイフだけ60万円台に暴落する事態が発生しました。中には、損きりできず、大損した人も出てきています。仮想通貨取引をする上で、チャートのバグは致命的にもなりかねない問題です。

また、その他にも、ザイフでは0円でビットコインが購入できてしまったトラブルも起きています。結局この問題は、購入者も元の残高に戻ったわけですが。こういうバグが発生しているので、ザイフも怖いところです。

どちらを選ぶかは投資家次第

正直、どちらの取引所にも問題点はあります。あとは、自分の好みで選ぶしかないでしょう。問題点を抱えてはいますが、どちらも国内最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨FXをしたいならば、検討してみると良いでしょう。

個人的には、ビットフライヤーも人気ですが、追証なしなので、ザイフも捨て難いところです。ただ、突然のバグが怖いですが。