会社を辞めようとしたとき、上司や社長(中小企業の場合は社長と関わることが多いため)が退職することに反対を示す場合があります。

けれども、そのような反対意見を聞く必要はありません。

自分の考えを尊重して、会社を辞めて問題ないのです。

「お前は他の会社では通用しない」という常套句

得意な仕事を見逃す

よく聞くことが、「お前はいま会社を辞めても、次の職場では通用しない」という常套句です。

はっきり言って、必ずしも正しいわけではありません。

なぜなら、次の会社で通用するかどうかは、その上司にわかるはずないからです。

あなたが転職して、次の会社で通用するかなんて、上司にもわからないのです。

どれだけ、あなたが努力して力をつけていくのか、新たな仕事を見つけてやりがいを感じるのか、次の職場の給料がどれほどなのか、この先も長く続く社会人生活を、あなたの上司が知っているわけではないのです。

そのようなことを言う上司に対しては、「あなたは未来が予想できる神ですか?」と聞いてみると良いでしょう。

もし「そうだ」と答えたら、すぐさま退職することをおすすめします。

わけわからない宗教に入っている可能性が高いです。

結局、会社は都合の良い人間を辞めさせたくないだけ

結局、会社や上司が自分勝手なことを言うのは、あなたを辞めさせたくないからです。

昨今のニュースなどでもわかるように、どこの会社も人手不足で、人材確保に悩んでいます。

貴重な人材を獲得するのは大変なのです。

しかし、それでも、会社で働く従業員を適当に扱う上司や会社が、あまりにも多いのです。

どれだけ貴重な人材が、今の会社で働いているのか、上層部たちはよくわかっていないことがあります。

昔から、人材は人財とも言われており、従業員は宝なのです。

そのことに気づかず、身勝手な命令をしたり、部下を奴隷ように扱う上司が、あまりに多いのです。

そのような会社に、自分自身を安売りする必要は全くなく、もっとあなた自身を高めることができる会社に転職しても良いのです。

卑劣な会社は、従業員の価値を否定したがる

新入社員が暴力を受けて仕事を辞めたい

卑劣な会社、発展性のない会社ほど、従業員の価値を否定したがります。

部下を価値のない人間として見下したり、罵倒して、考え方そのものを否定します。

それでいて、会社で働き続けることを強要するのです。

本当に奴隷のような環境を強いてくる会社は、残念ながら多いのです。

そのような会社でいつまでも働いても、あなたの才能が育つわけではありません。

会社から否定され続け、すっかり自信を失っている人もいるかもしれませんが、実は自分でも気付かぬほどの、素晴らしい才能を持っていることがあるのです。

それなのに、会社から否定され続けてしまったので、その良さに気づかず、いつまでも奴隷生活を続けさせられている会社員が、この国にはたくさんいるのです。

所詮、上司や会社は自分たちのことしか考えていない

辞めると言うと、上司は、急に心変わりしたように、「さも、あなたのことを本当に心配しているかのような振る舞い」をすることがあります。

「この会社を離れたら人生が大変なことになる、取り返しがつかなくなる」というような脅しにも似たことを言い始めるケースがあります。

まるで「会社を辞めることで人生が谷底まで転落していく」かのような言い方で、全力で説得してくることもあります。

要するに、あなたが抜けられると、仕事で支障をきたすので、やめてもらいたくないのでしょう。

あなたのことを考えているように見せて、自分のこと、会社のことしか考えていないのです。

ですから、そのような上辺だけの言葉に騙されないようにすることです。

所詮、ひどい扱いをしてきた上司の心の中なんて、適当なものです。

自分の仕事や査定評価が気になるから、あなたが会社を辞めることを、全力で防ごうとしているだけなのです。

会社を辞める覚悟ができたなら、考えを変えない方が良いかも

会社を辞める覚悟ができたなら、考えを変えない方が良いかも

上司によっては、口が達者なひともいるので、あなたが会社を辞めるというと、あの手この手を使って、説得してくることがあります。

仕事環境を改善する、給料の見直しを図る、役職を与えることを将来的に検討しているなど、あなたを辞めさせたくないために、いろいろ言ってくる可能性があります。

また、会社を辞められると今の仕事が進まない、同僚はどうなるのだ、みんなあなたを信じているなど、情に訴えようとすることもあります。

しかし、それらに騙されないことです。

それらは、あなたの責任でもなんでもありません。

あなたは、いつでも会社を辞める権利があります。

あなたに選択の自由があるのです。

ですから、上司たちに何を言われても、気にする必要はないのです。