多くの人は、まず自分の家を購入することばかり考えてしまいがちです。自分の家を持つことは夢かもしれません。けれども、よく考えた方がいいです。せっかくの大金を自分の家のためだけに使うのではなく、さらにお金を増やすために、誰かが住むための家を購入することが、資産形成につながるのです。

自分ではなく、誰かのために家を購入する

他人が住むための家を購入する

確かに、誰しも大きな自分の家を持ちたいと思うこともあるでしょう。しかし、ちょっと待ってください。自分のための家は、新たなお金を生むことはあまりないでしょう。しかし、他人が住むための家を購入すれば、家賃収入が得られます。先に自分の家を購入するか、他人が住むための家を購入するかで、資産形成はだいぶ違ってくるのです。自分のことばかり考えていると、結局はお金が増えていかないということがあります。

そうではなく、誰かのためにお金を使うことで、さらにお金を増やすことができるのです。だからこそ、不動産投資をオススメします。自分が住む家ではなく、誰かが住む家を購入すること、そこから家賃収入を得ることで、さらに経済的に豊かになってきます。自分のために家を購入してしまうと、収入源が得られず、ただローン返済に追われてしまうだけになるのです。ですから、自分のための家ではなく、まず誰かのための家を購入することが大切でしょう。

自分の家は最後に購入しよう!

自分の家は最後に購入することです。まずはどんどん誰かのための家を購入する、つまり不動産投資を行うこと。ある程度の資産が築けるまでは、賃貸暮らしでも十分でしょう。そして、だいぶお金に余裕ができたときに、自分の家を購入するのです。そうすれば、ローン返済に追われる心配はなく、これまでの資産で返済することも可能になるはずです。先に自分の家を購入するのではなく、まずは誰かが住む家、つまり不動産投資を行うようにするのが、資産形成する上で大事な考え方なのです。