FX投資では、含み益や含み損を損益と思わない人ほど、危なく、大損する行動パターンとも言われています。

このような人たちは、将来くるであろう大損の危機を乗り越えられない人が多いのです。

いつまでも含み損のまま損きりしない

FX投資家に多い大損パターン

初心者FX投資家に多い大損パターンは、含み損を損失だと思わないことです。このような人は、通貨値が戻るまで持ち続ければ良いと思うかもしれません。

確かに、このような考えならば、勝率を上げることもできるでしょうが、予想に反した大きな値下がり・値上がり時に対応できず、結果的に大きな損失を出すことになってしまうのです。

また、逆に含み益を利益と思わずに、いつまでたっても利益確定しないと、いつの間にかマイナスに転じて、通貨値が戻らず、大損するということもあります。

FXについてさらに詳しく知りたい方は、下記のページで紹介している書籍を読んでみると良いでしょう。

いつか戻るはハイリスク

FX投資ではいつか戻るという根拠のない考えは、非常にハイリスクなものとなるのです。いつか戻ると思っても、その時がやってこないということは、普通にあります。

また、予想に反して、相場が大きく逆に動くということもよくあることなのです。

ですから、自分なりのルールをしっかり持ち、損失をできる限り最小限に抑える動きが必要になるのです。

含み損含み益を損益と考えないのではなく、損益は常に時価で計算しないと生き残ることはできないのです。