「FX投資は、勘だけで取引すれば勝てるのではないか」と思うかもしれませんが、勘だけで勝てるわけではありません。

FXは勘だけで行うと、かなり高い確率で資金をゼロにさせてしまうでしょう。

FXは勘だけで取引すると、資金を全部飛ばしてしまう

FXは勘だけで取引すると、資金を全部飛ばしてしまう

FX投資は、実際に取引してみるとわかりますが、勘だけで行うと負け続けて、ゆくゆくは資金をゼロにしてしまいます。

勘だけで取引すると面白いように、相場は逆に動くので、損を重ねてしまうのです。

あえて勘とは逆にポジションを持つのはどうか

では、勘で損失を重ねるならば、「あえて勘とは逆にポジションを持つのはどうか」と思うかもしれませんが、それでも負けます。

→ FXでポジると逆行する理由

相場で稼ぐためには、勘で行うのではなく、的確なタイミングでポジションを持ち、的確なタイミングで決算することが大事なのです。

これを勘だけで行うのは、ほぼほぼ不可能です。

特に初心者の場合は、どのタイミングでポジションを持ち、決算すれば良いのか、わからないと思います。

なので、勘だけで取引しても、決して稼げるわけではありません。

むしろ損をするだけなのです。

勘だけで取引しても勝ち続けることは難しい

勘だけで取引しても勝ち続けることは難しい

確かに、勘だけで取引しても勝てるときはあるかもしれません。

しかし、勝ち続けることは難しいでしょう。

例えば、資金10万円で勘だけで取引をしていたら、勝つときもあるかもしれませんが、高い確率で将来的には資金ゼロになっているはずです。

これは何回チャレンジしても、勘だけでFXをしている以上、稼ぐことはなかなか難しいでしょう。

嘘だと思うならば、実際に取引してみるとわかると思います。

もっとも、この記事をご覧のあなたは、既に勘だけで取引して勝てないからこそ、読んでくれているのかもしれませんね。

勘だけで取引するのは、ライトも灯さず暗闇で崖の上を歩くようなもの

勘だけで取引するのは、ライトも灯さず暗闇で崖の上を歩くようなもの

正直言って、勘だけで取引するのは、ライトも灯さず暗闇で崖の上を歩くようなものです。

一歩間違えば、死(大きく損)するリスクを孕みながら、勘だけで動いている状態です。

何も見えない状態なので、手探り状態ですし、資金が大きくなるとよりエントリーに躊躇が入るはずです。

そのような状態なので、勘だけだとどこでポジションを持って良いかわからず、逆にエントリーしずらくなってしまうのです。

稼げない原因がわからない

また、勘だけでなんとなく取引をしていると、自身の取引のどこが悪かったのか、わかりません。

結局、勘だけで取引してしまうと、改善点も見つけられないまま、また損する取引をしてしまうのです。

稼げる取引手法が見つからない

稼げる取引手法が見つからない

また、勘だけで取引してしまうと、たとえ勝てたとしても、なぜ勝てたのかわからないのです。

なので、いつまでたっても勝てる・稼げる手法は確立されず、ただ運に任せた取引になってしまうのです。

勘だけでトレードすると感情的になりやすい

また、初心者が勘だけでトレードすると、どうしても感情的になりやすいです。

感情的になってしまうと、冷静な判断ができず、ミスをしてしまいます。

→ FXで勝てない助けて!という際に見直すべきポイント

勘だけトレードは、曖昧でもあるので、的確なトレードがしにくいのです。

結局はただの感情的なトレードになって、負け越してしまうんですよね。

取引に意味・理由を持たせる

あなたは正確なライン引きができるか

そのような負け続ける取引をしないためにも、勘だけでの取引は避けた方が良いでしょう。

そして、FXで稼ぐためには、もっと意味も持たせた取引を行うことです。

なぜ、そこでエントリーするのか、利確や損きりをするのか、意味・理由を持つことで、自身の取引手法が確立されていきます。

これが、FX取引において大切なことで、自身の手法が確立できれば、勝てるようにもなってきますし、負けた場合は理由もわかるので、軌道修正することも可能なのです。

だからこそ、意味・理由のある取引を行うことが大事なのです。

あなたは的確なライン引きができるか

では、取引に意味・理由を持たせるためには、どうすれば良いかというと、的確なラインが引くことです。

あなたは、FX相場を見て、的確なラインが引けますでしょうか。

しっかりラインが引けることで、どこでエントリーすれば良いかの目安にもなるのです。

また、取引で負けてしまったときも、そのラインが正しかったのか、あとで確かめることもできます。

なので、FX取引で稼ぐためには、的確なラインが引けることが大事なのです。

もし今現在、勘だけを頼りに取引して負けている、正確なラインが引けないでいる場合は、まずライン引きの勉強から始めてみると良いでしょう。

FXは勘だけで取引しても勝てるわけではないので、しっかりラインが引けるようになり、意味ある取引を行うことが自身の投資手法の確立にもつながり大事なのです。

これまで勘だけで取引していた方は、ぜひ意味・理由を持たせた取引を意識してみると良いでしょう。

インジケーターを理解しているか

なかなかFXで勝てない方は、インジケーターを使うのも、ひとつの手です。

しかし、インジケーターをあまり理解していないひとも、少なくありません。

インジケーターを使うならば、その役割をしっかり理解する必要があるでしょう。

ツールは、使い方をわかってこそです。

買うか売るかの二択だが、勘だけでは難しい

確かに、FXは買うか売るかの二択ですが、勘だけでトレードしても、なかなか勝てるわけではありません。

FXには、勘で当たることもありますが、ある程度の経験値も必要です。

ただ勘でトレードしても、大衆心理に流されるだけで、なかなか勝てないということもあるのです。

FXで勝つためには、トレード経験を重ねて、よく研究することが大事です。

経験を重ねるためにも、まずは少額資金でトレードしていくといいでしょう。

勘を養うためには、よく相場を見て、研究することが、とても大事です。

相場勘が必要なこともある

勘だけでは勝つことは難しいと言いましたが、

しかしながら、相場勘というものは、必要なこともあります。

なぜならば、インジケーター・テクニカルばかりでも、FXでは勝てないからです。

そこでは、相場勘により、相場の動きを予測しながら、トレードすることも大事です。

ですから、相場勘が全く通用しないわけではありません。

相場勘の基礎は分析力

ただ、素人や初心者が勘だけを頼りにしても負けてしまうだけです。

相場勘が頼れるのは、その基礎に分析力が備わっているからです。

だからこそ、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析など、徹底的に知識をつける必要があります。

確かな基礎力があるからこそ、本当の意味で相場勘がいきてくるのです。

プロから学ぶ

勝てる相場勘を養うためにも、プロから学ぶことも大事です。

私も以前は本当に勝てませんでした。

しかし、プロから本気で学んだことで、FXで勝てるようになったのです。

私が相場勘を身につける上で、本当に役になったFX教材がこちらですね。

このように、確かな相場勘が身につけたいならば、このような教材から学ぶことも大事ですね。

トレード経験を積むこと

相場勘というのは、ただの勘ではありません。

日々トレード経験を積んだからこそ養われる勘です。

FXスキャルピングで勝てるコツは超シンプルな簡単手法だった?!

ですから、あなたも相場勘を身に付けたいならば、まずはトレード経験を積むことですね。

そして、ただトレードするのではなく、考えながら、自身のトレード手法を改善させながら、経験を積むことです。

まとめ

以上のように、FXでの相場勘について、詳しくお伝えしてきました。

初心者が勘だけで勝つことは非常に難しいですが、

しかしながら、経験を積んでいくと、相場勘が頼りになることもあります。

ぜひとも、しっかりFXについて勉強して、本当に勝てる相場勘を養っていきましょう。