FX養分のあなたは、このままでは、ただ負け続け、養分のままであり続けるでしょう。

あなたに必要なことは、養分と勝者の間にある、決定的な違いを知ることです。

FX養分と勝者にある決定的な違い

FX養分と勝者にある決定的な違い

完璧な負け組であるFX養分と勝者の間には、残酷なほど、決定的な違いがあるのです。

もし、あなたが養分から抜け出したい、これ以上FXで損失を増やしたくないならば、FX勝者の思考・行動を知るべきです。

さもないと、あなたはいつまで経っても、勝者に多額なお金を支払い、FX養分であり続けるでしょう。

ではこれから、養分と勝者の間にある、残酷なまでの決定的な違いをお伝えしましょう。

これから伝えることを、よく肝に命じて、FXをすることです。

養分は金を吸い取られ、勝者は金を吸い取る

養分は金を吸い取られ、勝者は金を吸い取る

養分は圧倒的なまでに金を吸い取られます。

負け続け、勝者にお金を渡し続けるのです。

勝者は、養分の金を吸い取っていきます。

あなたにそのつもりはなくても、養分である、あなたは常に勝者にお金を渡し続けるのです。

養分は大きく損をし、勝者は小さく損をする

養分は残念なほど大きく負けます。

損失を出さないようにしても、結局最後は大きく負けて、相場から退場させられるのです。

一方で勝者は、小さく負けて、最小限の損失に抑えます。

養分は損失を認めず、勝者は過ちを認める

FXで負け続ける養分ほど、損失を認められないものです。

損失したくないからこそ、いつまでも塩漬けして、最終的には強制決算(ロスカット)されてしまい、全資金失います。

そうなると、再度相場に戻るのは難しいでしょう。

一方でFX勝者は、自分の負けを認めることができます。

負けを認められるからこそ、損きりをして、損失を最小限に抑えることができます。

勝者ほど、自らのトレードの過ちを認めることができるのです。

養分は損失を恐れ、勝者は退場を避ける

養分ほど損失を恐れます。

お金を失いたくないのです。

しかし、損失を恐れすぎるがあまりに、結局は大損して相場から退場していきます。

一方で勝者は退場を恐れて避けようとします。

なぜならば、わずかな損失よりも、相場から退場してしまう方が、致命傷になってしまうからです。

養分は退場するまで学ばず、勝者は負けからも学ぶ

養分は退場するまで学ぼうとはしません。

もしかすると、退場しても学ばないかもしれません。

だからこそ、養分はいつも負けて養分であり続けるのです。

一方で、勝者は負けからも学びます。

なぜ負けたのか、原因を探して、改善していくのです。

改善するからこそ、勝てるトレードになっていくのです。

養分は王者を気取り、勝者は挑戦者に徹する

養分は王者を気取り、勝者は挑戦者に徹する

養分はFXで負けているのに、稼ぐ夢だけ抱き、王者を気取ろうとします。

しかし、FXで勝ち稼げる現実は一向にやってきません。

ただトレードしているだけでは、当然勝てないからです。

一方で、勝者は常に挑戦者であり続けます。

たとえ、稼げていたとしても、常に勉強・研究を続けて、自分のトレードの質を高めていくのです。

養分は何も持たず、勝者は武装する

養分ほど知識もなく学ぼうともせず、何も持たない状態で、無謀なトレードをしがちです。

これでは、FXで勝てるわけがありません。

一方で、勝者ほどFXに関する情報を得て学び、知識や理論で武装して、トレードに取り組みます。

つまり、トレードする前段階から、養分と勝者で圧倒的に違うのです。

養分は適当にトレードし、勝者は根拠あるトレードをする

FX投資

なので、養分ほど適当にトレードします。

なんとなく、自分の曖昧なイメージでトレードするので、簡単に負けてしまうのです。

一方で、勝者ほど、しっかりと根拠のあるトレードを行います。

何かしらの理由・根拠があるからこそ、再現性ある勝てるトレードができるのです。

行き当たりばったりなトレードでは、ただ損失を増やしていくだけです。

養分は大衆と共に動き、勝者は裏道を行く

いつも養分は大衆と同じ動きをします。

だからこそ、お金を吸い取られていくのです。

FXで多くのひとが負けるのは、ほとんどのひとが大衆に属するからです。

勝者は大衆とは違う行動をします。

そして、大衆の動きを利用して、稼いでいくのです。

養分は感情でトレードし、勝者は感情を利用してトレードする

養分は感情でトレードし、勝者は感情を利用してトレードする

養分はちょっとした値動きに騙され、動揺し、感情的にトレードします。

感情に振り回されて、結局は大損するのです。

勝者は、大衆の感情を読み、利用してトレードします。

感情に流されるほど養分になり、勝者が稼いでいく仕組みです。

養分は大きく勝とうとし、勝者は小さく勝とうとする

養分は気持ちばかり先走り、大きく勝とうとして、大きく負けます。

夢ばかり見て、勝ち急ぐあまりに、結局は多くのお金を失うのです。

勝者は、大きくではなく、小さく勝とうとします。

小さく勝ち続けることで、結局は大きく稼げることになるのです。

勝ち稼げるのであれば、大きく勝とうと急ぐ必要はないのです。

養分は少額資金で大きく負け、勝者は大口資金で小さく勝つ

養分はお金がないので少額資金で始めますが、含み損に耐えようとしたりして、いつの間にか資金が多くなります。

しかし、その資金は含み損に耐えるだけ、結局は消えていくお金です。

勝者は、最初からある程度の大口資金で、余裕を持ってトレードをします。

だからこそ、小さく勝つことにこだわり、結局は大きく稼ぐことができるのです。

少ない資金で大きく儲けようとすること自体が、あなたが養分である所以なのです。

養分はハイレバレッジを選び、勝者は底レバレッジを選ぶ

養分はハイレバレッジを選び、勝者は底レバレッジを選ぶ

養分は少ない資金で大きく稼ごうとするからこそ、ハイレバレッジを選びます。

しかし、ハイレバレッジほどリスクがあるトレードはなく、結局はわずかな値動きでも大損してしまうのです。

勝者は最小限のリスクに抑えるために、底レバレッジを選びます。

養分は自分を疑わず、勝者は自分を戒める

養分は「自分が正しい」と思いがちです。

少し勝つだけで、すぐに調子に乗ります。

だから、勝っても、結局は負けてしまうのです。

勝者は、たとえ大きく稼ごうとも、自分を戒めます。

分を律することができるからこそ、勝者であり続けるのです。

養分は愚かであり、勝者は賢者である

いつの時代も、養分は愚かであるからこそ、養分であり続けます。

しかも、養分であることに気づいていません。

そんな養分を勝者は利用します。

養分であり続けてくれるからこそ、勝者はいつの時代も稼げるのです。

あなたはどちらのトレーダーか?

あなたはどちらのトレーダーか?

このように、養分と勝者の間には、残酷なまでの決定的な違いがあります。

あなたはどちらにいますか?

そして、今後どちらに回りたいですか?

FXで稼ぎたいならば、勝者側に立たねばなりません。

FXで稼ぎたいなら勝者から学ぶしかない

もし、あなたが現在養分であり、勝者に回りたいならば、勝者から学ぶしかありません。

あなたが何も学ぼうとしない、反省しないことが、養分であり続ける所以なのです。

ありがたいことに、自らの考え・手法を公開している勝者もいます。

ぜひそんな優しい勝者から学んでください。

下記のページでも、勝者から学ぶ方法をご紹介しているので、ぜひご参考にどうぞ。

あなたが養分から勝者側に回りたいならば、学ぶしかないのです。