FX投資で一つ言えることは、人と同じことをしていても稼げないということです。

多くのトレーダーが考えるようなことと同じ動きをしても稼げるわけではありません。

FXで稼ぐには、大衆心理を読むことが大事なのです。

FXは9割のトレーダーが負ける世界

FX投資は9割の人が負ける世界

FXは実に9割のトレーダーが負ける世界です。

なので、多くのトレーダーがするような取引をしても、負ける可能性が高いのです。

FX投資で勝ちたいのであれば、人の裏をつくことが何よりも大切です。

ひとは辛いことを嫌い楽したがる

人間は、辛いことを嫌い楽したがる特性があります。

つまり、すぐ稼げそうなことに飛びつきたがるのです。

なので、多くのひとが稼げると思ったポイントほど、実は相場が逆に動くことがあります。

相場の裏では、潤沢な資金を持つトレーダーが、他のトレーダーからお金を巻き上げるように取引をしています。

大衆心理が働きやすいときほど、実は稼げるチャンスなのです。

ですから、FXで勝つためには、大衆心理がどのように働いているのかをよく意識しておくと良いでしょう。

自分のことばかり考えていては勝つことは難しい

自分のことばかり考えていては勝つことは難しい

自分のことばかり考えているようでは、FXで勝つことは難しいでしょう。

FXで勝つためには、大衆心理が読める必要があり、周りの状況が見えなくてはなりません。

自分のことばかり考えて、周りが見えなくなっているようでは、なかなか稼ぐことはできないのです。

相場の動きには様々な思惑が隠れている

相場の動きには、様々な思惑が隠れています。

その中には、大衆を騙そうとするような相場の動きもよくあります。

自分の気分だけで取引するのではなく、大衆を騙そうとする動きではないか意識しながら取引することが大事なのです。

相場の動きを予想するためにもラインが引けることが大切

相場の動きを予想するためにも、ラインが引けることが大切です。

ラインが引けることで、エントリータイミングの目安にもなります。

なかなかラインが引けない方は、ライントレードについても学ぶと良いでしょう。

大衆が騙されやすいときこそ、チャンス

大衆が騙されやすいときこそ、チャンス

大衆が騙されやすいときこそ、大きなチャンスです。

例えば、レンジ相場で高値安値を何度も行き来しているときに、サポートラインで買いに入っても、騙しで狩られるときがあります。

こういう大衆が同じ方向に向くときこそ、騙しで狩られることが多いのです。

逆に言えば、多くのひとが同じ方向に向きそうなときこそ、稼げるチャンスでもあります。

大衆心理を読むためにも勉強は不可欠

大衆心理を読むためにも、勉強は不可欠です。

何もしないでいては、なかなか大衆心理を読むことはできないでしょう。

FXで稼ぐためには、真剣にFXに取り組む必要があります。

多くのひとは、対策も練らずに、雰囲気で取引してしまい、損をしているひとが多いのです。

FXで稼ぐためには、どこで大衆が騙されやすいのか、狩られやすいのかを考えることです。

FXで稼ぐためには、メンタル面が大事

FXで稼ぐためには、メンタル面が非常に大事です。

主観的に考えずに、常に他の視点でも観れる余裕が必要です。

感情的になってしまったり、自身のトレードにおごりを抱いていると、足をすくわれる可能性があります。

負けているときも、勝っているときも、冷静に相場を見て判断することです。

疑って見ることが大事

自身の判断も含めて、疑って見ることが大事です。

判断を信用しすぎると、誤った判断をしても、否定しにくくなります。

FXで稼ぐためには、ときには自分の判断を否定しなければいけないときもきます。

いつまでも偏った見方をしていると、なかなか勝つことはできないでしょう。

FXで勝つためには、今ある相場と冷静に向き合うことです。

自分なりの勝てる手法を確立することが大切

自分なりの勝てる手法を確立することが大切

他のトレーダーの真似をしても稼げるわけではありませんが、参考にして自分の手法に生かすことはできます。

大衆心理を知る意味でも、様々なトレード手法を知ることは意味あることです。

自分のことばかり考えるのではなく、他のトレーダーはどういう動きをしているのか、注目してみると良いでしょう。

そうすることで、大衆心理が見えてきて、稼げるチャンスも高くなってくるはずです。