FXで損きりせず、両建てを行う方法

FXで損きりしないで両建てを行う方法

FXは損きりしない方法もあります。FXでは、損失を抑えるために、損きりという方法もありますが、過度に損きりをすると、益々損失を増やしてしまう可能性があります。そこで、損きりをしないで、利益を上げる方法が、両建てです。

売り買いどちらにもポディションを置く

両建ては、売り買いどちらにもポジションを置くことを言います。例えば、ドル円が110円の時に、売りのポジションと買いのポジションの両方を持つことを言います。これにより、たとえドル円が、100円になろうと、120円になろうと、どちらでも損失を出さずに済みます。

両建てにはリスクもある

このように、両建てを行うことで、損失を出さずに済みますが、逆に両方にポジションを置いているので、利益を生みにくい状況でもあります。もし、利益を出すのであれば、どちらかに集中しないといけないでしょう。最終的には、判断しなくてはいけません。

OL会社員がFXで本気稼ぎする副業FXでお金を稼ぐ

両建てをしても、最終的な判断をする必要があるので、ある程度のリスクが伴います。両建てをすることで、リスク回避にもなりますが、大きく稼ぐのであれば、やはり両建てではなく、ある程度の予想の上で、どちらかにポジションをおく必要があるでしょう。ただし、大きく負けている場合などは、両方にポジションを置くのも、リスク回避になるでしょう。これには、ある程度の経験と知識と判断力が必要になるでしょう。