FX投資は心理戦とも言われています。

つまり、マインドセットがとても大切なのです。

では、どういう心理状態で取引していくと良いのか、下記で詳しく見ていきたいと思います。

あなたは、負け組(敗者)のマインドセットをしていないだろうか

あなたは、負け組のマインドセットをしていないだろうか

FX投資では、稼ぐひと(勝者)損をするひち(敗者)に分かれます。

ここで注意したいのが、敗者のマインドセットをしていないかどうかです。

では、どういう心理が負け組になりやすいのか、下記で触れていきたいと思います。

感情的になりやすい

まず、取引をしてお金を失わないか極度にハラハラしたり、損をすると怒りや絶望で感情的になったりしていないでしょうか。

感情的になればなるほど冷静な判断ができにくくなります。

そうなると不必要なタイミングで取引してしまい、損をしてしまうことがあります。

また、損失を取り返そうとして、さらに良くないタイミングで取引して、損失をさらに増やしてしまうことになるのです。

大事なのは、常に冷静に取引を行うことです。

たとえ損失が発生しても、慌てずに損した取引をじっくり検証・改善させていくことが大事です。

取引金額が大きくなると、利確が早くなってしまわないか

取引金額が大きくなると、お金のプレッシャーで利確が早くなってしまうひともいます。

これは金額が大きいので、それだけ損失額も大きくなる可能性もあり、なるべく早く利確して相場から離れたい心理が働いているのでしょう。

しかし、このような取引だと利益が少なくなり、損失の方が大きくなる可能性があります。

FXの取引では、いかに利確を大きく、損失を少なくできるかが重要です。

取引金額が増えると、自分の取引にブレが起きるのは、まだまだ自身の手法が確立していない、もしくは心理的に勝者(稼げるひと)のマインドになっていないことが考えられます。

ここでもプレッシャーという心理的な要因が働いているのです。

相手が何を考えているのか、考えることが大切

FX投資は、数多くのトレーダーとしのぎを削っていくわけです。

つまり、「相手の考えていること」を考えることが大切なのです。

いま、他のトレーダーはどういう心理状態、どういう考えを持って取引しているのか、をイメージして取引することで、相場の動きが見えてきます。

何も考えずに取引しても、ただの独りよがりのエントリーになってしまうだけでしょう。

安値高値の差を狙い稼ぐのであれば、相手の心理を読むことも大事なのです。

なぜ今、相場が大きく動いているのか、もしくはあまり動かないのか、その裏にある多くのトレーダーの思惑を読めないと、なかなか相場で勝つことは難しいでしょう。

これからFX投資で稼ぎたい方は、ぜひこのようなマインドセットに注意してみると良いでしょう。

ちなみに、FX投資で大切なマインドセットについては、こちらのセミナーでもしっかり学ぶことができます。1日10分でできるFX入門セミナー【タケルFXスクール】

実際にデモトレードで指導してもらえるので、興味有る方はぜひチェックしてみると良いでしょう。