FX初心者が知っておくべきレバレッジについて

FX初心者が知っておくべきレバレッジについて

FX初心者は、知らない基礎知識も多いと思います。まず、FX初心者が抑えておくべきことは、レバレッジについてです。FXには、レバレッジというものがあります。さて、このレバレッジとは、どういうものなのか、見ていきたいと思います。

そもそもレバレッジってなんなの?

レバレッジとは、「てこの原理」のことを言います。レバレッジを使うことで、投資金額の何倍ものお金で、FX取引を行うことができます。このレバレッジが大きいほど、大きな取引になるのです。FXには、このような「てこの原理」で、通常では考えられない金額で取引することが可能になります。

レバレッジに比例して損益も大きくなる

たとえば、レバレッジ10倍の場合は、10万円の資本金で100万円分の取引ができるのです。レバレッジを使えば、準備金の何倍もの額で投資を行うことが可能です。これは、比例して損益額も大きくなります。たとえ、資本金からして1万円の利益だったとしても、その10倍の金額で取引しているので、10万円の利益になるのです。ただ、損失の場合も同じように膨らみます。1万円の損失であったはずが、レバレッジ10倍の場合は、実際には10万円の損失になってしまうのです。このように、レバレッジを使うことで、大きな金額で取引できますが、その分、損失する金額も大きくなるので注意が必要です。

なぜFXにはレバレッジがあるのか

では、なぜFXにはレバレッジがあるのでしょうか。それは、実際に売買するわけではないからです。たとえ、ドルを100万円分買ったとしても、手元に紙幣が100万円分届くわけではありません。あくまで、システム上で取引を行うので、実物が必要にならないのです。だからこそ、システム上で大きな取引を行うことが可能になります。もし、実物をいちいち用紙していたら、とてもではないですが、このようなレバレッジを効かせた取引はできないでしょう。

FX初心者は小さなレバレッジで!

以上のように、FXにはレバレッジがあり、大きな金額で取引をすることができますが、初心者は小さなレバレッジで始めるのがベストです。最初から大きな額で取引をしてしまうと、負けたときに取り返しのつかないほどの損失を生んでしまうことも考えられます。初心者は、1倍〜3倍で始めて、慣れてきたら倍率を上げてもいいでしょう。

レバレッジで大損すると強制ロストカットが発生する

このようにレバレッジが効くFXですが、損失がかさみ、必要証拠金が足りなくなると強制的に決算されてしまいます。なので、いくら含み損で持ちこたえていたとしても、必要証拠金が足りなくなると、強制的にロストカットされてしまうのです。なので、レバレッジを効かせてあまり大きくかけすぎないように注意しましょう。

以上のように、レバレッジについてお話ししてきました。FX初心者は、レバレッジの魔力に取り付かれることなく、冷静にFXするようにしましょう。最初は少額で始めるのがベストです!

初心者がFXを始める時にオススメな取引口座はこちら!