「FXはハイレバレッジだから危ない」と思うかもしれませんが、必ずしも危ないわけではありません。

ハイレバレッジでトレードすることは、十分利点もあるのです。

ハイレバレッジは危険なわけではない

ハイレバレッジはロスカット危険もはらんでいる

レバレッジがあること自体、危険に思う方も少なくないでしょう。

しかし、レバレッジがあるからといって、FXは危険な投資ではないのです。

レバレッジをかけると、ロスカットされる可能性もある

確かに、レバレッジをかけると、証拠金が必要になり、ポジションがマイナスになると、ロスカットされる可能性もあります。

しかし、だからと言って、レバレッジがあることが危険なわけではありません。

資金管理を行うことが大事

レバレッジをかけても、トレードがうまくいけば、決して危険なわけではないのです。

また、レバレッジがどうと言うよりも、何より資金管理が大切です。

レバレッジが低くとも大損する可能性は十分にある

例えば、レバレッジが低くとも、何度も負けていたり、損失額が膨らむと、大損する可能性は十分にあります。

なので、ハイレバレッジだからと言って、必ずしも危ないわけではないのです。

レバレッジがあるからこそ、少額資金でもトレードができる

レバレッジがあるからこそ、少額資金でもトレードができる

逆に言えば、レバレッジがあるからこそ、少額資金でもトレードすることができます。

現物取引での株式投資だと、ある程度資金がないと、投資を行うことができません。

その点、FXならばレバレッジがあるため、少額資金でもトレードすることができるのです。

レバレッジは必ずしも危ないものではなく、どのようにうまく扱うかが大事なのです。

レバレッジがあることより、損きりできないことの方が危ない

レバレッジよりも、損きりできないことの方が危険です。

特に初心者の方は、損失を出すことを嫌がり、いつまでも含み損のまま抱えようとしがちです。

しかし、含み損を抱えても、結局ポジションを持ちこたえることができず、大損してしまうことが多いのです。

なので、相場の動きが予想と外れたら、いかに早く損きりできるかが大切になります。

逆に損きりができないと、大損する可能性の方が高いです。

レバレッジがあるトレードをしても、必ずしも借金するわけではない

レバレッジがあるトレードをすると、大損して借金してしまうイメージがあるかもしれませんが、レバレッジがあるからといって、負けて借金するわけではありません。

大損してしまうのは、先にも触れたように、損きりが出来なかったり、大きな金額で取引して負けてしまうことで、大損してしまうことが多いのです。

なので、レバレッジがあるからといって、必ずしも大損して借金するわけではありません。

また、海外のFX会社ならば、追証がない会社もあるので、たとえトレードで大損しても、資金以上に請求されることはありません。

少額資金だからこそ、何度でも挑戦できる

確かに、FXは資金を全部失うリスクもあります。

ただ、レバレッジがあり、少額資金でトレードができるからこそ、たとえ資金を溶かしても、また挑戦することができるのです。

なので、レバレッジがあるから危険なのではなく、レバレッジがあるからこそ、少額資金でもトレードして稼げる可能性があり、何度でも挑戦することができるのです。

FXで稼ぐためには、レバレッジを上手に使うことです。

レバレッジがあることは、トレーダーにとって悪いことではなく、稼ぐチャンスが十分あるということです。