レバレッジ(てこの原理)は大きくかけられる

fx初心者のレバレッジリスク

レバレッジは、直訳すると「てこの原理」になります。これは、投資金額よりも大きな金額でFX取引できるということです。たとえば、10万円の資金でも、レバレッジを10倍にしてFX投資することで、100万円分の外国為替を行うことができます。このように、FXではレバレッジを利用することで、所持金以上の取引が行えるので、わずかな金額でも高額の取引が行えるのです。

レバレッジによりFX初心者は大きな損をする可能性もある

しかし、反面で負けると大きな損失を生みます。先ほどの例で、100万円分の取引をして、80万円に減ってしまったとき、損失は20万円になります。そうなると、10万円の資金で始めたのに、資金以上の損失を生んでしまうのです。これが、レバレッジのリスク、すなわち危険性になります。レバレッジを使う人は、このリスクを知っておく必要があります。特に、FX初心者の場合は、レバレッジを利用して稼げると思いがちですが、大きく損を出す可能性も十分にあるのです。

レバレッジを利用するときは、バランスを取る

OL会社員がFXで本気稼ぎする副業FXでお金を稼ぐ

レバレッジを利用するときは、取引資金の余力と扱う通貨枚数のバランスが必要になります。資金余力がないのに、多くの枚数で取引すると、ちょっとでもマイナスに動くと強制ロストカットに合い、大きな損失を生むことになってしまうのです。なので、FX初心者は、レバレッジ利用時はバランスを考えてください。資金余力がないのであれば、レバレッジは少なくした方がいいでしょう。1〜3倍が良いと思います。大きな損を出さないように、コツコツ始めましょう!