「不動産投資家になりたいけれども、自分はまだ20代だし、投資を始めるには年齢的に早すぎるのではないか。」と思う方もいるかもしれません。しかし、そのようなことはないのです。不動産投資を始めるならば、20代からこそ始めた方が良いのです。なぜ、20代から不動産投資を始めた方が良いのか、下記で見ていきましょう。

不動産投資で資産を築くには時間がかかる

不動産投資で資産を築くには時間がかかる

まず、不動産投資というのは、開始すればすぐにお金持ちになれるわけではありません。収益と借金返済を行いながら資産を増やしていくことで、多くのお金を持てるようになります。資産家になるためには、ある程度の歳月が必要になるのです。

なので、若いうちから不動産投資を行うことで、より若い年齢で資産家になれますし、多くのお金を持てるのです。いち早くお金持ちになりたい、老後の不安をなるべく早く解消したい方こそ、20代から不動産投資を行い、年齢というアドバンテージを活かすべきなのです。これが年齢を重ねてから始めようとすると、いろいろ考えなければいけないことが増えてくるのです。

20代のうちが動きやすい

不動産投資を始めるのも、20代のうちこそ始めやすいと言えるでしょう。これが30代40代になると、家族を持ったり、親の心配もしたりと、いろいろ考えることも多くなり、なかなか不動産投資を始めることができなくなります。20代のうちこそ、自由に使えるお金も多いわけですから、不動産投資を行うチャンスでもあるわけです。

たとえ失敗したとしても巻き返しが可能

20代のうちはいくらでも挽回できる

20代という若さならば、たとえ何かに失敗したとしても、後々でいくらでも挽回することができます。これが年齢を重ねてしまうと、体力的にもなかなかカバーしきれないことがあるのです。若さがある20代のときこそ、何かに勝負をするならばチャンスのときなのです。

20代は長期ローンも組みやすい傾向にある

また、20代という若さならば、長期ローンも組みやすい傾向にあります。若いのでまだまだ働ける年代ですし、それが金融機関にも評価され、長期の借り入れもしやすい可能性があります。借金をするとなると不安に感じる方もいるかもしれませんが、長期ローンが組めれば、月々の返済額も少なくて済みます。返済額も抑えられれば、リスクもおさえることができるのです。

20代は体力を生かして動き回れる

20代のうちならば、体力がまだまだあるでしょうから、動き回ることも可能でしょう。物件選びをするとなると、労力や時間もかかります。20代の元気なときこそ、時間や労力をかけて、良い物件を探すチャンスです。

不動産投資は少額でも行えます。必ずしもお金持ちである必要はなく、普通の会社員でも不動産投資を始めることができるのです。ただし、良い物件に巡り合うためにも、タイミングが必要です。常日頃から、不動産投資に注目して勉強し、タイミングを計る必要があるでしょう。

また、20代の方はそれほど貯金額は多くないと思うので、不動産投資をしたいならば、わずか数万円からでも始められる、クラウドファンディングでの不動産投資を検討されるのも良いでしょう。始めから自分だけで不動産投資を行うことに不安を感じている方は、まずはクラウド型で不動産投資をしてみるのも良いでしょう。

不動産投資は普通の方でも資産家になれるチャンスがある

やはり不動産投資の良い点は、普通の方でも資産家になれるチャンスがあることでしょう。少額から始められますし、長く続けていけば、確実に資産も増えていきます。他の投資に比べても、これほど安全に確実に資産が築けるのはあまりないかもしれません。20代の動けるうちがチャンスです。

その体力や多くの時間を武器に、不動産投資セミナーなどにも参加して、様々な人脈を築くと良いでしょう。若いので、年配の方に可愛がってもらえる可能性も高く、良い出会いがある可能性も高いです。これから資産を築きたい方は、20代こそアクティブに行動してみると良いでしょう。