書き込みがある教科書だと、なかなか売ることができないのではないか、と思う人もいるでしょう。しかし、諦めてはいけません。書き込みある教科書でも、売ることはできるのです。

もちろん書き込みない方が売れやすいが…

書き込みない教科書の方が売れやすい

ただ、もちろん書き込みない教科書の方が売れやすいです。新品同様の綺麗な状態だと、教科書や参考書は高く売れる可能性があります。ただ、そうは言っても、しっかり勉強している人ならば、書き込みすることもあるでしょう。マーカーペンや赤ペンなどで、書き込みすることがあると思います。

そのような教科書でも売れないわけではないのです。逆に、書き込みある教科書を買いたいという人もいます。なぜなら、書き込みされているということは、それだけ重要ポイントでもあるため、書き込みにそって効率的に学べるからです。

書き込みが学習のヒントになる

書き込みが学習ヒントになる

また、書き込みには、細かい説明が書かれていることもあるでしょう。教科書では説明しきれなかった内容を、書き込みにより理解することもできます。書き込みがあるということは、必ずしも悪いことではないのです。

少しでも高く売るならば綺麗な状態で!

書き込みを消す

書き込みがあっても売れるとは言いましたが、あまり書き込みがありすぎて、本文が読めないようだと売りづらいでしょう。また、授業や勉強とは関係のない、漫画などを書き込みしていると、査定額が落ちてしまうことが考えられます。

なので、不要な書き込み、消せそうな書き込みは、なるべく消しておく方が良いかもしれません。書き込みがあっても、売れますが、少しでも綺麗な状態に保った方が、高く売れる可能性もあります。ですから、消せる書き込みは消してから、売りに出してみましょう。

ちなみに、書き込みがある教科書をなるべく高く売りたいならば、下記のサイトがオススメです。ぜひ参考にしてみると良いでしょう!