いらなくなった辞書や古い辞書の処分方法に困っている方も少なくないでしょう。

辞書は普通の本よりもサイズが大きいので、本棚に入れておくにもかさばります。なので、いらなくなった辞書は売るといいでしょう。実は、辞書は高く売れる場合があるのです。

いらなくなった辞書は取っておいてもなかなか使わない

辞書買取

いらなくなった辞書を、「いつか使うかもしれない」と思い、保管しておく人もいるでしょうが、結局ほとんど使わないのです。

いつか使うかもしれないと、辞書を保管しておいても、学生時代から一度も使わないということもあります。なので、不要な辞書は早々に処分した方がいいでしょう。

だからと言って、辞書を捨てるのは勿体ない

不要になったからといって、辞書を捨てるのは勿体ないです。辞書は結構値段が高いので、せっかく高いお金を出して買った辞書を捨ててしまうのは、あまりにも勿体無い行為です。

不要な辞書を誰かにあげてしまうのも勿体無い

また、いらなくなったからといって、不要な辞書を誰かにあげてしまうのも勿体無いと思います。

せっかく高いお金を出して買ったのに、誰かにあげてしまうのは、自分は得せず勿体無いです。なので、どうせ辞書を処分するならば、売ってしまいましょう。

その方がお金になりますし、捨てたりあげたりするよりも、お金が得られるので得します。

辞書を売る際は、お店をよく選ぶこと

ただし、辞書を売る際は、お店をよく選ぶことです。

なぜなら、古本屋によっては、辞書を売ってもたいしたお金になりません。よくある有名な古本屋だと、漫画や文庫本の買取は盛んに行いますが、辞書の買取にはそれほど教科していない場合もあります。

たとえ売れたとしても一冊数十円、ひどいと廃棄扱いになることもあります。なので、きちんとお店選びをしましょう。

オススメなのは専門書専門の買取サイト

辞書買取

オススメなのは、専門書・参考書専門の買取サイトです。

ネットには参考書・専門書を専門に買取を行うサイトがあります。このようなサイトならば、高価買取が期待できます。

なぜならば、専門書や参考書を求めるお客を多く持っており、サイトで展開しているため人件費なども抑えられ、その分買取金額に回すことができるからです。

また、そのような専門店では書き込みがある本でも買取してくれる可能性があります。書き込みがある本でもニーズがあれば、十分売れるのです。

さらに、自宅から発送するだけで査定してもらえるので、わざわざ自分で重たい本を持って行く必要もありません。

英和辞典・国語辞典が1,000円以上で売れることも!

年数や状態にもよりますが、英和辞典や国語辞典が1,000円以上の値段で売れることもあります。

大辞林・広辞苑が2,000円以上で売れる!

また、大辞林・広辞苑も2,000円以上、さらには3,000円以上で売れることもあるのです。

辞書を少しでも高く売るために清潔に保つこと

辞書を少しでも高く売るためには、清潔に保つことが大切です。売る前に、埃や汚れなどがあれば、軽く拭き取りをしましょう。ただ、水につけたりして本を痛ませないように注意してください。

少しでも高く売るためには、綺麗な状態にしておくことが大切です。

辞書や参考書を売るなら「学参ブックス」

学参ブックス専門書学術書買取

いらなくなった辞書を売るならば、学参ブックスに買取依頼してみるといいでしょう。

学参ブックスでも配送用ダンボールがもらえます。詳しいダンボールサイズが書いてあるので、いらなくなった辞書や参考書が送りやすいです。

また辞書や参考書だけでなく、学術書や学術雑誌・資格試験や語学学習のためのCDやDVD教材も売ることが可能です。出版から1年以内の書籍ならば最低買取保証もしているので、学参ブックスもオススメの買取業者です。

その他にも、下記のオススメサイトがあるので、ぜひ参考にしてみてください。