専門書・参考書を買い取ってもらうならば、どこのお店が一番高く売れるのか、詳しく見ていきましょう。

普通の古本屋に売っても大した金額にならない

普通の本屋で売らない

まず、注意しなければいけないのが、普通の中古本屋で専門書や参考書を売らないことです。このようなお店で売ってしまうと、本当に大したお金になりません。一冊数十円なんていう、ほとんどタダに等しい値段にしかならないのです。

このようなお店は、人件費やら場所代で結構は固定費がかかっていることもあり、どうしても買取価格が安くなってしまうのです。また、専門書や参考書の適正価格というものを知りません。ですから、どうしても格安に買取されてしまうのです。

顧客を持っている専門店に売る

参考書辞書買取

もし、専門書や参考書を売るならば、そのような書籍を専門に扱う買取店を利用することです。専門店ならば、本来の相場を知っています。また、専門書や参考書を購入するお客さんも抱えているため、売れやすいのです。ですから、そのような専門店こそ、本を売るのにオススメなのです。

また、専門買取店ならば、自宅から発送するだけで、買取依頼ができます。余計な労力を使って、店舗に持ち込む必要がありません。自宅から発送できるため、大変楽なのです。

専門書や参考書を高く売るならば、専門買取店へ

辞書買取

以上のように、専門書や参考書を売るならば、専門の買取店に出しましょう。近所にある古本屋さんよりも良い値段で買われる可能性が高いです。専門店はネット展開しているので、販売経路も多く、また実店舗を持たないお店ならば、固定費は安く済みます。

これから専門書や参考書を高く売るならば、そのような本を専門にしているお店に買取依頼を出しましょう。ちなみに、下記の専門店がオススメなので、ぜひ参考にしてみてください!