FXトレードを始める場合に、FX口座は、国内か海外どちらが良いのか、迷うひともいるかもしれません。

そこで今回は、国内口座と海外口座の違いについて、詳しく見ていきたいと思います。

FXは国内口座、海外口座どちらが良いのか

FXは国内口座、海外口座どちらが良いのか

FX口座を国内か海外どちらで持つかは、それぞれにメリットデメリットがあるため、その点を踏まえて考えると良いでしょう。

国内口座の方が安心面は高い

まず、安心面で言うならば、国内口座の方に分があるかもしれません。

やはり、海外口座だと、出金できなかったときに、コンタクトしづらいこともあるでしょう。

国内のFX会社ならば、金融庁の監視の目もあるでしょうから、安心感があります。

何かあったときのトラブルを考えても、国内口座の方が安心できるかもしれません。

ハイレバレッジでトレードするならば、海外口座がおすすめ

ただし、ハイレバレッジでトレードしたい方は、海外口座がおすすめです。

国内口座では、個人登録の場合は、レバレッジ最大25倍がほとんどですが、海外口座の場合は、レバレッジ888倍という超ハイレバレッジトレード可能なFX会社もあります。

なので、海外のFX会社を利用すれば、わずかな資金でも、トレードで十分稼ぐことができるのです。

特に、FXは資金を失う可能性もあるので、少額資金でトレードしたい方こそ、超ハイレバレッジでのトレードが可能な海外口座がおすすめです。

海外口座は追証がない

海外口座は追証がない

また、海外口座の大きな魅力の一つは、追証がない会社が多いことです。

追証があると、トレードで大きく損をしたときに、たとえ資金が底を尽きても、損失分をさらに請求されることがあります。

そうなると、借金を背負うことにもなりかねないので、非常に大変な事態に陥ることがあるのです。

特に、国内のFX会社は、追証がある会社も多いので、より慎重にトレードする必要があります。

一方で、海外のFX会社は、追証がない会社も多いため、万が一、大きく損を出してしまったときでも、安心してトレードすることができます。

このように、大きく損を出してしまったときのことも考えると、追証なしの海外口座の方が、安心してトレードできることもあるかと思います。

口座開設も、海外のFX会社の方が簡単

また、新規口座開設する際も、国内のFX会社の場合は、書類の郵送が必要なときもあるのですが、海外ならばネットの申し込みのみで完結します。

なので、手軽に口座開設がしやすいという意味でも、海外のFX口座はおすすめなのです。

海外のFX会社は、口座開設だけでボーナスがもらえることもある

海外のFX会社は、口座開設だけでボーナスがもらえることもある

また、海外のFX会社は、口座開設だけでボーナスがもらえることもあります。

国内のFX口座でも、キャッシュバックが得られることもあるのですが、ある程度の金額でトレードしないと、ボーナスがもらえないことが多いです。

その点、海外のFX会社ならば、口座開設だけで3,000円分のボーナスがもらえたり、資金の2倍の金額でトレードすることができたりするので、海外のFX口座もおすすめなのです。

資金が少ないうちは海外口座で、増えてきたら国内口座でトレード!

資金が少ないうちは海外口座で、増えてきたら国内口座でトレード!

以上のように、海外口座と国内口座の違いについてお伝えしていきました。

個人的には、資金が少ないうちは、ボーナスもあり、超ハイレバレッジでトレード可能な海外口座がおすすめです。

そして、トレードをして資金が増えてきたら、国内口座でトレードを始めてみると良いでしょう。

海外口座は、資金稼ぎのために利用するのは、全然ありだと思います。

海外口座は、国内口座よりもハイレバレッジのため、少額資金でもワンチャンあります。

少額トレードでも、うまくいけば、大きな金額を稼げるチャンスは十分にあるのです。

なので、あまり資金をかけずに、トレードでお金を増やしたいならば、海外口座はおすすめです!

ちなみに、ボーナスなどがある海外のFX会社は、下記のXMFXやGemForexが人気なので、興味ある方は、ぜひチェックしてみると良いでしょう!