会社の給料に満足できずに、FXで副収入を得たいと思う人も少なくないでしょう。でもFXで勝って儲けることはそんなに簡単なことではない。では、どうすれば、FXで勝てるのか、勝てる手法はなんなのか、詳しく見ていきましょう。

FXで勝てる手法はこれだ!

FXで勝てる方法!負けを極限まで減らす

まず知ってもらいたいのが、万人に共通するFXで勝てる手法というのはないこと。それぞれトレーダーにより特性も違い、扱う通貨も違うので、一概に勝てる手法を出すことはできない。

なので、個人個人の勝てる手法を見出さないといけないのだ。仮にすべての人に共通する勝てる手法が世の中に出回っていたら、ほぼ間違いなく嘘なので信じないようにしてほしい。

FXは負けるものだと思え!

FXは負けると思うこと

まずFXで全勝することなどありえない。なぜなら、FXは平気で自分が思う動きとは逆に動くものだからである。だから、全勝しようとして、損きりもせずにポジションを持ちすぎると、持ちこたえられなくなって、大損することが関の山だ。なので、こまめに損きりして損失を最小限にしよう。

FXで勝てるようになるためには、いかに損失を最小限にできるかが大切。パンチを受けないボクサーがいないように、パンチによるダメージを最小限に抑えて、攻撃(儲ける)ができれば、勝利を得ることができる。勝てる手法とは、つまり負け方がうまいトレーダーのことを言う。

FXでお金を稼ぐFXでお金を稼いでいく

少しの損失でびびってはいけない

fxは少しの損失でびびってはいけない

なので、FXでは少々の損失でびびってはいけない。少し含み損をしたぐらいだと平気で値が戻り、またプラスに運ぶこともあるのだ。なので、損失が少しでようが、不安に駆られて不必要に決算する必要はないのだ。そこでは冷静に相場を見つめる努力が必要になる。損失が出てもびびってはいけない。FXは精神との戦いでもあるのだ。諦めずに失敗から学ぶことがとても大切。投資するタイミングは勝つために何よりも重要な要素だ。

所詮FXは確率のゲーム

FXは確率ゲーム

FXは所詮確率のゲームなのである。いくら難しいことを述べようが、安いか高いかしかない。それらは自分では操作できず、流れに乗るしかないのだ。当然負けることもある。流れに逆らわないことが大切。海の流れを人々が変えることはできない。大切なのは、流れにのまれないように、うまく流れに乗ること。これは経験がものをいう。相場の流れは毎日違うので、その時々で入るタイミングを変えないといけない。不必要に相場に入ると飲まれて終わるだけなのだ。

自分が勝てるタイミングを知ろう

FXで勝てるタイミングを知る

勝てる手法を知るには、勝てるタイミングを知ることである。順張りでいくのか、逆張りでいくのか、また最初は少額から始めた方が絶対良い。

いきなり大金をつぎ込むと一気に大損する可能性が高い。自分が勝てるタイミング、自分が勝てる、もしくは勝ちやすい通貨で取引を行うことなのである。

FX副業でお金を稼ぐFXお金を稼ぐ副業

経験しないと勝てるようにはなれない

FXは経験しないと勝てない

FXは勝てる手法を体得するには、経験しないとできない。多くの失敗を経験してこそ勝てるようになるのだ。失敗してFXを終えてしまうから一生勝つことができない。FXをやっていけば、勝てるタイミングがどこなのか、体で感じることができる。それまでコツコツ投資をして、見る目をつける必要がある。

最初から大きく稼ごうと思ってはいけない。最初は授業料だと思って、失敗しよう、損失を出そう。大きく悔やみ悲しんだ後に、冷静に見つめ直し、勝てる方法が徐々にわかってくる。FXで勝つ人は負けるのがうまい人、パンチを受けるのがうまい人だ。

FX本気で稼ぐFXなら大金を稼ぐことができる

FXは続けることが大切

FXは続けることが大切

FXで勝つには、続けないといけない。常に相場を見る癖をつけよう。そして、実際に自分のお金でFXをしてみることだ。少額から始めて、どうすれば成功するのか、考えながらコツコツFXを行おう。無理に投資してはいけない。FXで勝つにはコツコツ投資が何よりも大切なのだ。大きく稼ごうとすると大きく損失してしまうのが、FXの世界なのである。