私も何を隠そう、FXでお祈りトレードばかりしていました・・・

何度負けようとも、FXの神を信じ、祈るばかり。

しかし、FXトレードで、相場が思わぬ方向に動くと、お祈りし始めるひともいるかもしれませんが、そういうときは大抵負けるものです。

10年以上お祈りトレードで負け続けた・・・

10年以上お祈りトレードで負け続けた・・・

私自身、かれこれ10年以上は、お祈りトレードで負け続けました。

祈っても祈っても、神はやってきません。

ひたすら負けるばかり。

それでも、祈ってしまうのです。

いつかは勝てる!

私の選んだトレードは間違っていない!神が助けてくれる!!!

それでも、また同じように負けるのです。

お祈りトレードで気づいたこと

お祈りトレードで気づいたこと

お祈りトレードで気づいたことがあります。

いや、あまりにも気づくのが遅すぎたかもしれません。

でも、それもいい経験になったので、言わせてください/

FXは神頼みしても勝てるわけではない

FXは神頼みしても勝てるわけではない

FXはゲン担ぎしても勝てるわけではありません。

どんなに念じても、相場は思う方向には動いてくれないのです。

私も、何度も神頼みしましたが、一向に私の味方をしてくれませんでした。

いつも非情な結果が待っていたのです。

FXの世界にあるのは、目の前の数字だけです。

そこには、高いや安いかしかなく、現実を受け止めるしかないのです。

所詮、個人の力だけでは、相場を動かすことはできないでしょう。

いつまでも、神頼みをするのではなく、相場にうまく乗ることが大切なのです。

神頼み時点で負け確定

そして、神頼みしている時点で、すでに負けが確定しています。

根拠のない、自分勝手な神話思考によって、ただ負ける流れに、流されているだけなのです。

しかし、お祈りトレードに没頭してしまうと、その現実を直視できません。

いつまでも、神に縋ろうとしてしまうのです。

お祈りしてるうちは、まだまだ感情でトレードしてしまっている

お祈りしてるうちは、まだまだ感情でトレードしてしまっている

チャートを見てお祈りしてしまっているうちは、まだまだ感情でトレードしてしまっているのです。

私も、日々悲惨な状況にあたふたしながら、目をつぶって、お祈りばかりしていました。

本当は、チャートを見なければいけないのに!

お祈りするくらいならば、相場をよく観察したり、これまでの自身のトレードを見直した方が良いです。

相場は、あなたの思うようには、動いてはくれないのです。

念じるよりも、相場の動きをよく観察し、研究することが大事なのです。

お祈りトレードから常勝へ激変した理由

お祈りトレードから常勝へ激変した理由

そんな、お祈りトレードでどん底の私でしたが、あることをきっかけに、激変したのです。

それまでの常時負けお祈りトレードが嘘のように、FXで勝てるようになったのです!

衝撃的でした。。。はっきり言って、人生も変わりました。

では、どうしてお祈りトレードから常勝FX投資家に激変できたのか。

ここでお伝えします。

ライントレード習得

それはズバリ「ライントレード」ができるようになったからです。

ただ線を引くのではありません。

チャートを目の前にして、効果的な勝てる線が引けるようになったのです。

これができてから、本当にFXで勝てるようになりました。

私は、それ以前からライントレードを知ってはいましたが、本当の効果を、素晴らしさをわかっていなかったのです。

しかし、本気で学び、ライントレードのすごさを知ってから、驚くほど勝てるようになりました。

下記では、私が激変できたライントレードの商材を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください/

圧倒的根拠が得られる

ライントレードができてから、圧倒的に根拠を持ったトレードができるようになったのです。

根拠があるので、冷静にトレードもできます。

また、再現性も高く、勝率も上がっていくのです。

虚像の神に頼まなくなった

そして、根拠をしっかり持ててからというもの、意味のない、お祈りトレードをしなくなったのです。

もはや虚像の神に頼って負け続けるのではなく、根拠のあるトレードで勝てるようになっていきました。

これが、お祈りトレードから勝ちトレーダーへ激変した大きな理由です。

たとえ負けても神頼みしない

また、仮にトレードで失敗して損をしたときも、自分自身のトレードと向き合えるようになりました。

以前のお祈りトレードだと、負けた時もただ感情的になり、また同じような失敗を繰り返していたのです。

それがライントレードができるようになり、冷静に自分のトレードも見つめ直し、修正もできるようになったのです。

たとえトレードでうまくいかないときがあっても、軌道修正して、次のトレードにつなげられるようになりました。

大事なのは、全く意味のない神頼みではなく、根拠のあるトレードで、見つめ直すことだったのです。

この冷静さ、反省する思考が、次の勝ちへと繋げてくれました。

トレードで反省しなければ、また同じような失敗を繰り返すことになります。

大切なことは、反省をして、次のトレードに生かしていくことです。

祈ったり、お経をあげたりするよりも、冷静に相場と向き合うことが、何よりも大事なのです。

相場が大きく動くときこそチャンス

そのような改善トレードができると、相場もチャンスも見えてきます。

実は、相場が大きく動くときこそ、チャンスなのです。

相場が大きく動き、焼かれてしまうひともいるかもしれませんが、相場が大きく動くときこそ、これから稼ぐことができるチャンスでもあるのです。

そういうチャンスのときが、神頼みしていたときよりも、より明確に見えるようになりました。

相場が動くたびに、ハラハラドキドキしていては、いつまでたっても相場に飲まれてしまうだけです。

あなたも変われる

あなたも変われる

私は、ライントレードで、お祈りトレードから常勝FX投資家へと変貌することができました。

もちろん、あなたにもできます。

今現在、お祈りトレードをしているならば、すぐにやめましょう。

神頼みをしても、あなたは勝てません。

冷静に、根拠のあるトレードが必要です。

ここから変わりましょう。

あのときの私と同じように。