FXトレードで、相場が思わぬ方向に動くと、お祈りし始めるひともいるかもしれませんが、そういうときは大抵負けるものです。

FXは神頼みしても勝てるわけではない

FXは神頼みしても勝てるわけではない

FXはゲン担ぎしても勝てるわけではありません。

どんなに念じても、相場は思う方向には動いてくれないのです。

あるのは、目の前の数字だけです。

そこには、高いや安いかしかなく、現実を受け止めるしかないのです。

所詮、個人の力だけでは、相場を動かすことはできないでしょう。

いつまでも、神頼みをするのではなく、相場にうまく乗ることが大切です。

相場が大きく動くときこそチャンス

実は、相場が大きく動くときこそ、チャンスであったりもします。

相場が大きく動き、焼かれてしまうひともいるかもしれませんが、相場が大きく動くときこそ、これから稼ぐことができるチャンスでもあるのです。

ですから、相場の動きを冷静に見つめることが何よりも大事です。

相場が動くたびに、ハラハラドキドキしていては、いつまでたっても相場に飲まれてしまうだけでしょう。

お祈りしてるうちは、まだまだ感情でトレードしてしまっている

お祈りしてるうちは、まだまだ感情でトレードしてしまっている

チャートを見てお祈りしてしまっているうちは、まだまだ感情でトレードしてしまっているのです。

お祈りするくらいならば、相場をよく観察したり、これまでの自身のトレードを見直した方が良いです。

相場は、あなたの思うようには、動いてはくれないのです。

念じるよりも、相場の動きをよく観察し、研究することが大事です。

損をしたことにも、しっかり向き合うこと

また、仮にトレードで失敗して損をしたときも、自身の結果とよく向き合うことです。

ここで反省しなければ、また同じような失敗を繰り返すことになります。

大切なことは、反省をして、次のトレードに生かしていくことです。

祈ったり、お経をあげたりするよりも、冷静に相場と向き合うことが、何よりも大事なのです。