FX投資で気をつけなければいけないのが、勝っているとき、負けているときではなく、勝った後・負けた後なのです。

勝つと調子に乗り、負けるとやけになる

FX投資では勝つと調子に乗り、負けるとやけになる

FX投資で気をつけたいのが、勝った後、負けた後です。このとき、どちらの状況になっても、取引金額を増やしてしまいやすくなるのです。例えば、FX投資で勝った時、さらに利益をあげようと、投資金額を増やしてしまいます。そうして、結局負けて資産がマイナスになることがあるのです。

また、負けた場合も、今までの損失分を取り戻そうとして、さらに投資してしまいます。しかし、負けて資金が減っているのに、さらに取引金額を増やしてしまうと、余計持ちこたえられずに、大きな損失を出してしまうことになるのです。

このようにFX投資は勝っても、負けても、その後の判断が何よりも重要になるのです。

FX投資は孤独で淡々とした作業の繰り返し

FX投資というのは、何もエキサイティングするものではありません。大きく勝てると喜ぶこともあるかもしれませんが、基本的には孤独で淡々とした作業なのです。泥臭く、1pipsを確実に獲得していく作業が大切なのです。FX投資で感情的になるほど、相場に飲まれてしまいます。勝っても負けても、淡々と投資を行うことが大切なのです。

冷静に貪欲に勉強する

FX投資で大切なことは、常に冷静に自分が勝てる相場で、淡々と取引を行うことです。慣れてくると、勝ってもそれほど嬉しくはなくなってきます。あくまで数字の獲得ゲームとして、こなしていくことになるのです。時には単調で、飽きやすくなるかもしれません。しかし、お金を稼ぐために、FX投資を淡々と行うことが大切なのです。

相場の動きに一喜一憂しているようでは、まだ素人の領域から抜け出せず、FX投資で大きな損失を出してしまうことになるでしょう。FX投資で大切なことは、勝っても負けても、冷静に淡々と相場に向き合い、努力し、取引を行うことなのです。調子に乗らないように、やけにならないように、注意しましょう。