FX投資をする上で注意しなければいけないのが、他者の取引に注目することです。自分の思いは、あまり必要ありません。自分がどこで買うか売るかではなく、他者がどう動きそうなのかを意識することなのです。これから取引する方は、大方がどういう動きをしそうなのか、意識してみましょう。

自分の勝手な思いは必要ない、他者がどう考えているかどうか

他者がどう考えるか

FX投資では自分のことばかり考えると負けやすくなります。なんとなく買いたい、売りたいでは、思うように取引で成果は得られません。相場は自分の思いだけでは動いてくれないわけです。

相場が動くのは大口や大衆がどう動くかで相場が違ってきます。自分のことばかり考えていると負けるリスクが高いのです。相場で負けないためにも大切なことは、周りがどう考えているかどうかなのです。

自分の考えではなく、周りはどう動きそうなのか、大口はどのように動き、小口から儲けようとしているのかを考えることがとても重要です。

周りが見えるようになればチャートも見えてくる

周りが見えるようになれば、相場でどう動けばいいかも徐々に見えてきます。自分のことばかり考えていると、相場でどう動けばいいかわからなくなります。逆に相手の気持ちになり取引をすれば、どういうポジションを持てばいいのか、徐々にわかるようになってきます。

そうすると、チャートの見方、ポジションの持ち方がわかってくるようになるのです。無理にトレードしなくていいようになりますし、冷静に取引できるようになるでしょう。

意味もなく取引することも少なくなるはずです。これから取引をする方は、ぜひ相手や周りがどう考えているのかを意識しながら、取引するようにしましょう。