新型コロナウイルスなども影響してか、WTI原油が大幅下落し、一時マイナス価格を付けました。

原油は今買い時なのか?

原油は今買い時なのか?

そこで多くのひとが、今こそ原油が買い時ではないかと思ったことでしょう。

下手に飛びつくと大損する

しかし、安易に原油に飛びつくと、値動きが激しいので、大損する可能性もあります。

二番底、三番底があるかもしれない

買いで入っても、さらに二番底、三番底があるかもしれません。

いつ値下がりするかもわからない状況です。

どっちに転がってもいいように予測する

なので、どちらに転がってもいいように、あらかじめ予測を立てながら、取引を行うことです。

自分の判断を過信しすぎると、思わぬ大損を食らうことになります。

損きりしないと大損する

このような取引では、損きりできずに、大損することが多いのです。

誰しもが予想を外すことは十分にあり得るので、判断を誤ったならば、的確に損きりをすることです。

大衆の買い時こそ危ない

そして、相場では多くのひとが損をするので、大衆が買い時と思ったときこそ、損しやすい危ないときなのです。

ですから、周りのひとと一緒に安易に買いで入らない方がいいでしょう。

常に大衆の裏を読むことが大事です。

相場の流れに合わせて判断していくしかない

結局のところ、原油で稼ぐには、相場の流れに合わせて判断していくしかありません。

どんなに稼ぐプロトレーダーでも負けることはあるので、予想が外れたら、必ず損きりを行うことです。

上記の国内口座CFDでは、原油を扱うことができます。

これから原油取引を始めたい方は、チェックしてみるといいでしょう。

何れにしても、周囲に流されないように、安易にエントリーしないことです。

チャンスは、大衆が気づかないときにやってきます。

【DMM.com証券】DMM CFD【DMM.com証券】DMM CFD