FX取引をしていても、なかなか勝つことができない!

やればやるほど負ける!ありえないほど連敗する!という方もいると思います。

FXで負け続けてしまう原因は、様々な理由が考えられるのです。

目次

FXをやればやるほど負け続ける理由・勝てるようになるコツ!

やればやるほど負け続ける理由とは?

それでは、なぜFXをやればやるほど負けてしまうのか、考えられる幾つかの理由をあげていきます。

FX投資は適当に取引しても勝てるわけではない

気をつけるべきことは、FX投資は適当に取引していても勝てるわけではないということです。

負け続けているひとは、どうも取引のタイミングが悪いのかもしれません。

→ FXで勝てない助けて!という方が見直すべきポイント

簡単にだましの動きで騙されている可能性があります。

FX投資で大切なことは、勝てるタイミングで取引すること、そのタイミングまで待つことが大切なのです。

単純に予想の逆を狙っても勝てるわけではない

トレードをやればやるほど負ける場合は、「予想に逆にエントリーすれば勝てるのではないか」と思うかもしれません。

→ FXでポジるとなぜか逆に行く原因

しかし、トレードはそんなに甘くはなく、いつも負けてしまうからとって、予想の逆にエントリーしても必ずしも勝てるわけではないのです。

試しに、予想の逆のエントリーをしてみるとわかりますが、結局は負け続けてしまいます。

売買のタイミングを見極めているか

FX取引をしている方は、売買のタイミングがどこなのか見極めているでしょうか。

ただなんとなく雰囲気で取引していませんか。

そのようにすると、なかなか勝つことは難しいです。

多くのトレーダーが負けてしまう世界なので、

FX投資で勝つ・儲けるためには、勝てる売買のタイミングを理解しておくことがとても大切なのです。

あと少し待てばベストタイミングだったかもしれない

FX投資の難しいところは、自分の判断が必ずしも間違っているわけではなくて、あと少し待てばベストタイミングだったかもしれないときがあることです。

この見分けがとても難しく、これは経験して目を養っていくしかないわけですが、大切なのは読みが外れたときも感情的にならず、相場を冷静に眺めるということです。

下記のページでも紹介しているように、FX投資はコツコツ利益を上げられれば、結果的に相当な金額になります。

連敗しているときは、一度相場から離れてみる

同じようなエントリーをしても、また負けてしまう可能性が高いです。

なので、一度相場から離れて、これまでの自身の取引履歴を見返してみることも大事です。

エントリーせずに、相場がどう動いているのか観察して、自身の手法を改善させる必要があるかもしれません。

連敗しているときこそ、一度相場から離れて、反省することも大事なのです。

連敗しているときは、同じ負けパターンを繰り返している

FXで連敗しているときは、何度も同じような負けパターンの取引を繰り返している可能性が高いです。

トレードをして負け続けないようにするためには、負けているときと同じようなことをしないことが大事です。

トレードで負けても、何も反省せずにまた同じようなトレードをしていると、再度負ける可能性が高いです。

ドツボにはまるとありえない連敗(20連敗30連敗)をする!

本当にFXでドツボにはまると、20連敗、30連敗と、ありえないほどの連敗をします。

そういうときは、同じようにトレードをしても、さらに負けを積み重ねてしまうだけです。

これ以上負けを増やさないためにも、一度冷静になる必要があります。

相場の動きが読みにくい時は、エントリーしない方がいい

特に、相場の動きが読みにくい時は、不用意にポジションを持つと焼かれることが多いです。

なので、相場の動きが読みづらい時は、エントリーしない方が良いかもしれません。

取引する金額を減らす

また、負けが続いているときは、取引金額を減らしてみることです。

取引金額を減らせば、ダメージを抑えることができます。

また、勝てるようになるまでは、あまり無理をせずに、小さい金額で取引を再開するのが良いでしょう。

資金管理が出来ていない

FXで負け続けてしまう方の多くは、資金管理が出来ていない方が多いです。

つまり、レバレッジをかけすぎ、無理なロッドでポジションを持ってしまうのです。

FXで大損しないためにも、余力を持たせることが大切です。

いつも目一杯のポジションを持ってしまうと、いつか焼かれます。

そうならないためにも、余裕を持たせることが大事なのです。

ぜひとも大きくポジションを持ちすぎないように注意しましょう。

リスク管理できているか

闇雲にトレードするのではなく、リスク管理ができているかです。

予想が外れたら、どれくらい持ちこたえるのか。どこで損きりするのか。

トレードする前に、事前に考えておくことが必要です。

新規口座開設ボーナスでトレードする

もし、トレードをして、お金を失い続けてしまうならば、

新規口座開設でもらえるボーナスだけでトレードすることも可能です。

こちらは、海外FX業者になりますが、新規口座開設でボーナスがもらえます。

ボーナスだけでトレードすれば、仮に負けても、あなたの資金が失われることはありません。

FXで負け続けてお金を失いたくない方は、ボーナスだけで取引してみるのもいいでしょう。

FX口座を変えてみる

もし、FXをやればやるほど負け続けているならば、FX口座を変えてみるのも、ひとつの方法です。

FX業者によって、ツールの使いやすさも変わりますし、心機一転してトレードに励めます。

ちなみに、私はこちらのFX業者DMM FXでトレードしながら、ボーナスをもらうことができました。

あとは、5秒足チャートが見れる、こちらのFX業者OANDA Japanもおすすめです。

ぜひ、あなたも使いやすいFX業者でトレードしましょう。

FX業者を変えるだけでも、トレード環境が改善されることがあります。

→ DMMFXキャンペーンで10万稼ぐ方法!

値ごろ感でトレードしていないか

値ごろ感でトレードしていないか

なんとなく儲けられそうだからと、値ごろ感でトレードしていないでしょうか。

FXは多くのひとが負けている世界なので、値ごろ感でトレードしても勝てるわけではありません。

FXで勝つためには、勝てそうなタイミングでエントリーすることが大事です。

値ごろ感でトレードするのではなく、ある程度の方向性が見えてきた段階でトレードすることです。

何も根拠もないところでエントリーして、たとえ勝てたとしても、根拠がわからないので、再現性がなく次も同じトレードをすることはできません。

安定して勝てるようになるためにも、根拠のあるトレードを心がけることです。

勝てるようになるためにも、自身のトレードを見つめ直すことが大事

FXで勝てるようになるためには、自身のトレードを見つめ直すことが大事です。

なぜトレードで負けてしまったのか、反省することです。

反省もせず適当にトレードをしていると、いつまで経っても手法が改善されないので、また負ける可能性が高いです。

改善しないと、いつまでも間違った手法で、負け続けてしまいます。

トレードで連敗しているときこそ、なぜ負けてしまったのか、自分のトレードをよく見つめ直すことが大事です。

過去チャートで検証してみる

トレードスキルを上げる一つの方法に、過去チャートで検証する方法があります。

自身のトレードを見直すことで、手法が大きく改善されることもあります。

私は、こちらのツールを使い、過去チャートを元に、トレードの練習をして、大きく手法が改善できました。

このように、実戦でお金を使わずとも、実戦に即した練習をしてトレードスキルを上げていくこともできます。

損きりはしっかりできているか

FXをするひとによっては、含み損で粘ってしまう方もいます。

しかし、含み損で粘ろうとすると、持ちこたえるために、どんどん資金を増やさなくてはならず、そして、結果的に持ちこたえられなくなり、強制決算され大損することもあるのです。

なので、相場の動きが予想に反しているのであれば、ダメージを少なくするためにも、損きりを行った方が良いのです。

たとえ負け続けたとしても、損きりをすることで最小限の損失に抑えることができます。

利確が早すぎないか

また、利益を早く獲得したいあまりに、利確を早すぎてしまっていることも考えられます。

早く利確したくて焦ってしまう気持ちもわかりますが、

なるべく多くの利益を得るためにも、利確のタイミングも重要なのです。

利確は早ければ良いというわけではありません。

相場を見て、的確なラインが引けているか

あなたは相場を見て、的確なラインが引けているでしょうか。

FXで勝つためには、ラインが引けないといけません。

ラインが引けないと、エントリーポイントがどこなのか、わかりづらいのです。

また、利確や損きりなども、ラインが一つの指標となるので、ラインについてしっかり勉強しておくことをおすすめします。

私自身も、FXで負け続けていましたが、ラインが引けるようになってから、一気に勝率が上がりました。

ちなみに、私はこちらのFX教材からライントレードの極意を徹底的に学び、自身の手法が劇的に改善されましたよ!

それまでは、ラインも引けなかったので、エントリーポイントもわからなかったのです。

ですから、FXで負け続けているならば、ラインの引き方をしっかり学びましょう。

短い足でばかり見ているひとは、長期足でも相場を見ること

特に、スキャクピングやデイトレードがメインのひとは、1分や5分足など、短い足で相場を見ていることがあります。

そういうときは、短い足ばかりではなく、4時間足や日足、週足など、長期足でも相場を見ることが大事です。

そうすることで、短期の相場の流れだけではなく、長期での流れも見ることができるので、全体的な相場の流れを見て、トレードを行うことが可能です。

どうしても短い期間の流れだけを見ていると、ちょっとしたノイズで狩られることがあるので、全体を見渡す視野で相場を見て予想することも大事なのです。

FXはメンタル面が大きく影響する

FXでなかなか勝てない、連敗しているときは、感情に振り回されている可能性もあります。

相場が動いたり、トレードする度に感情的になっていると、トレード手法もブレて、なかなか勝てないことがあります。

FXで勝つためには、機械的に淡々とトレードすることも大事です。

感情的になっているうちは、なかなか勝てない可能性が高いです。

本気でFXに取り組んでいるか

FXで負けてしまうひとは、「FXは簡単に稼げる」と安易に考えているひとも少なくありません。

しかし、9割以上のひとが負けていると言われている世界で勝つのは、簡単なことではありません。

FXで勝つためには、どれだけ本気でFXに取り組むかです。

FX本気で勝ちたいなら本は意味ない?本当の勉強法とは?!

FXで勝つためには、勉強も不可欠です。

本気で取り組むからこそ、勝ち方も見えてきて、FXで稼げるようにもなるのです。

FXにおいては、勝率は重要ではない

FXにおいては、必ずしも勝率は需要ではありません。

たとえ、トレードで負け続けていたとしても、勝てるときにしっかり勝つことができれば、トータルでは稼ぐことができます。

なので、たとえ1勝9負でも、トータルでは利益をあげられることもあるのです。

したがって、FXではあまり勝率にこだわる必要はないでしょう。

むしろ、負けた時にどう損失を最小限に抑えられるかが大切です。

売買のタイミングを知るには、経験や知識も必要になる

勝てる売買のタイミングを理解するには、豊富な経験や知識が必要になります。

エントリーのタイミングがどこか、一番てっとり早く理解する方法は、教材で学ぶ方法です。

優良教材には、売買のタイミングを掴むコツを詳しく教えてくれるので、てっとり早く学びたい方は、教材を利用すると良いでしょう。

個人的におすすめなのは、こちらの教材で売買のタイミングを学ぶことです。

非常に人気なFX教材で、勝つための手法を具体的に学ぶことができます。

やはり自己流で売買のタイミングを計るよりも、このような勝てるコツを教えてくれる教材で学んだ方が、勝率をあげることができます。

取引で負け続けている方こそ、ぜひFX教材にも目を向けてみると良いと思いますよ!

まとめ

以上のように、FXで負け続けてしまっている方は、今一度、自身の手法を見つめ直すことが大切です。

同じようなトレードをしても、負け続けてしまいます。

FXで勝つためにも、今こそ勝てる手法を学びましょう。