この記事を読んでいる方の中には、コロナ相場で大きく負けてしまっている方もいるでしょう。

どうすれば、FXで負けずに勝つことができるのか、勝っているひとは、どのようにトレードしているのか、考えていきたいと思います。

FXで負けるひとと同じことをしない

FXで負けるひとと同じことをしない

FXで勝てているひとの手法は様々です。

トレーダーによって、使うインジケーターも違います。

ただし、FXで負けているひとは、いくつかの共通点があることが多いです。

逆にFXで勝てているひとは、負けているひとと、同じようなことはしません。

では、どういうことが、FXで負けやすいのか、下記で詳しく見ていきます。

大勝ちを狙わない

まず、FX初心者ほど、大勝ちを狙いやすいです。

しかし、大勝ちを狙ったところで、所詮大きく負けてしまいます。

FXで稼ぐためには、コツコツ稼ぐことが大事です。

実際に、FXで稼げるひとほど、コツコツ稼ぐことを大事にしています。

大きく稼ごうとするほど、かなりリスクになりやすく、結局大きく負けてしまうのです。

レバを上げない

また、本当にFXで稼ぎたいならば、レバレッジを上げないこと。

レバレッジをあげれば、それだけリスクがあり、少しの値動きでも大きく負けてしまいます。

レバレッジを落とすからこそ、安定したトレードが目指せます。

また、FXで稼いでいるひとは、低いレバレッジでトレードしているひとが多いです。

稼げるので、わざわざリスクをおかして、ハイレバでトレードする必要がないのです。

例えば、DMM FXDMM FXは、人気と言われるFX会社ですが、レバレッジ25倍で固定なので、相当余裕を持ってトレードしないと、リスクがあります。

一方で、FXブロードネットならば、レバ1倍でトレード可能なので、低レバでリスクを抑えてトレードができるのです。

ある程度の資金でトレードする

底レバで稼ぐためにも、ある程度の資金でトレードすることです。

初心者ほど、少ない資金でハイレバで無理なトレードをするからこそ、資金を溶かしてしまいます。

安定したトレードをするためには、ある程度の資金で底レバでトレードすることが基本なのです。

損きりができるか

負けたくないあまりに、損きりができないひとも、少なくありません。

損きりしないと、含み損がどんどん膨らみ、結局持ちこたえられずに、大損してしまうことがあります。

FXで大損しないためにも、損きりを行うことが大切です。

損きりを行うということは、自分の判断の誤ちを認めるということでもあります。

損失を出したくないので、なかなか軌道修正できないひとが多いのです。

FXで勝つためには、損きりをして、損失を最小限に抑えることも大事です。

感情に任せてトレードすると負けやすい

やはり、やはり感情に任せてトレードすると負けやすいということです。

感情に任せてなんとなく取引をしていると、損失を重ねやすくなります。

トレードで負けて損を出すと、感情的になり、それまでの損失分を取り返そうと必死になってしまいます。

そういうときこそ、さらに負けてしまいやすいのです。

やはり、FXで負けないようにするためには、よく考えてエントリーすることが大切です。

適当にエントリーしても負けるだけなので、注意した方が良いでしょう。

エントリーのタイミングまで待つことが大切

エントリーのタイミングまで待つことが大切

また、やみくもにエントリーしないことです。

FXはいつでもエントリーして稼げるわけではありません。

稼げるタイミングでエントリーしないと、なかなかFXで稼ぐことはできないのです。

ですから、エントリーするタイミングまで待つことも大事です。

それには、稼げるタイミングをつかむことが大事ですね。

適当にエントリーしても負けてしまうだけです。

稼げる可能性の高いタイミングでエントリーするようにした方が良いでしょう。

FX商材で学ぶ

どうしてもFXで勝てないならば、商材から学ぶのも一つの方法です。

人気のFX商材もあるので、そういうところから、勝てる手法を学ぶのも良いでしょう。

ライントレードを学ぶ

正確なラインが引けるだろうか

この記事を読んでいる貴方は、相場を見て正確なラインが引けるでしょうか。

勝てるタイミングでエントリーするためにも、ライントレードを学ぶのも良いかもしれません。

ラインの付近は多くのトレーダーが注目しているエントリーポイントです。

ラインが引けることによって、稼げるタイミングなのかの目安ができます。

自身のトレードを後で見返してみる

自身の取引手法を確立させていくためにも、取引履歴を見返すことはとても大事なことです。

やはり、FXで勝てるようになるためには、負けてる原因を突き止めて、改善させていくことが大事です。

これまで取引記録をつけていなかった方は、これから記録をつけるようにして、自身の取引を見直してみると良いでしょう。

負けたあとも、学ぶことができるか

負けたあとも、学ぶことができるか

FXで稼ぐためには、負けたときこそが、大事です。

負けたあとに、どう行動できるかで、その後勝てるかも違ってきます。

トレードで勝っているひとも、負けることはあります。

しかし、負けて悔しいで終わりではなく、次のトレードに向けて、どのように修正していくかを考えているはずです。

そうでないひとは、負けても何も考えずに、同じようなトレードを行い、また負けてしまい、結局トレードすることを諦めてしまうのです。

ですから、FXで勝つためには、負けたあとに、どのように手法を改善させ、次のトレードに生かしていくかが大事なのです。

FXで勝つためには、諦めないこと

FXは、トレード次第で誰でも勝てる可能性があります。

コネや資格など必要なく、稼げる可能性は十分にあるのです。

FXで稼ぐためには、諦めないことです。

多くのひとは、負けてしまうと、トレードすることを諦めてしまいます。

諦めてしまうと、それ以降トレードで稼ぐチャンスを失ってしまいます。

FXで稼ぐならば、勝てるようになるまで、諦めずにトレードを続けることです。

負けたときこそ、自身の手法を見直し、相場をよく見て研究し、トレードを続けることが大事です。