うつ病など、精神的な問題で、退職や転職を考えているひともいるでしょう。

そういう方に対して、退職方法など色々なアドバイスをしたいと思います。

うつ病の方は無理に仕事をしない方がいい

うつ病の方は無理に仕事をしない方がいい

生活がかかっているため、うつになっても無理して働こうとするかもしれませんが、無理して働いても精神や体を壊してしまうだけです。

鬱など精神的な病や負荷がかかっている状態にさらに無理して働いてしまうと、精神にも体にも大きな負担を及ぼし、働けなくなってしまう可能性もあります。

なので、精神的に不安定な場合は無理をしないことが大事です。

会社に休ませてもらえないか聞いてみる

鬱など精神的に辛い場合は、働こうとはせずに、会社に休ませてもらえないか聞いてみることです。

それでも無理に働かせようとする会社ならば、もはやそこで働く必要はないでしょう。

会社のいいなりとなり、無理して働いても、自分の体を壊してしまうだけです。

自分の精神や体を犠牲にしてまで働く必要は全くないのです。

労災申請や治療費・慰謝料の請求ができないか

労災申請や治療費・慰謝料の請求ができないか

もし、長時間労働や上司のパワハラなどにより、精神的な苦痛を感じた場合は、労災申請や治療費・慰謝料の請求ができないか、専門家に相談してみるのも良いでしょう。

個人の状況によっては、慰謝料などが請求できるケースも十分にあります。

精神的にも辛い状況だと、一刻も早く今の職場と縁を切りたいかもしれませんが、賠償請求できれば、これからの生活の助けにもなるので、一人で悩まずにまずは専門家に相談してみると良いでしょう。

失業保険をもらう際に会社都合にできないか

また、失業保険をもらう際も、自己都合ではなく会社都合にできないか、ハローワークや専門家に相談してみると良いでしょう。

会社都合になれば、より早く失業保険をもらえるので、仕事をしていないときの生活の大きなサポートにもなるはずです。

会社に原因があり退職をする際は、会社都合にして失業保険が早くもらえる可能性も十分にあります。

うつ病に理解がない会社も少なくない

うつ病、目に見えにくい病気なので、周囲から理解されづらいことがあります。

心ないひとは、うつ病に苦しんでいるひとを「怠けている」と見ることもあります。

どんなにこちらがうつ病で苦しんでいたとしても、理解してくれない会社もあるのです。

これ以上、身体を壊さないためにも対策する

しかし、そうは言ってもいつまでも同じ状況を続けてしまっては、ますます精神的にも肉体的にも大きなダメージを及ぼすことがあります。

ですから、うつ病や精神的な病で苦しんでいるならば、早急に対策を講じるべきでしょう。

このまま放っておいても、状況は一向に良くなりません。

専門機関にまず相談してみる

これからどうするかが大切

まず、うつ病に対して知見のある専門機関に相談してみることです。

労働基準監督署やハローワークなど、しかるべきところへ相談しに行くことが大事です。

とにかく一人で悩み苦しんでいると、ますます深刻化する可能性があるので、まず誰かに相談してみることです。

退職代行をお願いできるサービスもある

また、うつ病や精神的な病になって、会社を辞めたくても、なかなか自分から退職の意思を伝えられないこともあるでしょう。

自ら辞職の旨を伝えるのは、恐怖を感じたりするものです。

そういう方は、下記のような退職代行サービスもあるので、ぜひ検討してみるといいでしょう。

退職代行ニコイチ

「退職代行ニコイチ」は、14年以上の実績のある退職代行業者で、4000人以上サポートをしており、退職成功率100%になります。

また、転職サポートもしているので、気になる方は「退職代行ニコイチ」をチェックしてみるといいでしょう。

「退職代行ニコイチ」の公式サイトは、こちらになります。「退職代行ニコイチ」

転職活動は落ち着いてから始める

転職活動は落ち着いてから始める

また、退職後にすぐ転職活動を開始するかは、まず落ち着いてからでも良いと思います。

失業期間中も失業保険で生活できることもあるので、まずは慌てずに体調が回復するのを待つことも大切です。

興味が持てる仕事を選ぶ

また、もし次に仕事をするならば、興味が持てる仕事、長く続けられる仕事を見つけることでしょう。

安易に次の仕事を探してしまうと、また苦痛を受けることになるかもしれません。

次の会社選びは慎重に行うことです。

うつ病が理由で退職したことは、言わない方がいいかもしれない

また、もし転職活動をする際は、面接では「うつ病で退職したこと」は、言わない方がいいかもしれません。

うつ病をネガティブに捉える会社もあるので、敢えて言う必要もないでしょう。

転職先は見つかるので、無理はしない

今現在現職中の方は、無理してでも働こうとするかもしれませんが、働き先はあります。

転職できる可能性は十分にあるので、無理して身体を壊さないことです。

一番は、仕事よりも自分の身体を優先させることでしょう。