FXでは損きりしない方がいいのではないか、と思うひともいるかもしれません。

しかし、損きりしないままだと、資金を溶かすことが多いです。

損きりしない思考は、資金を溶かす

FXで損きりしない方法

損きりしないままで耐えていると、ほぼ100%と言ってもいいほど、資金を溶かします。

含み損のまま耐えて、相場が戻ることもありますが、そのまま戻らないこともあります。

一度も損きりせず、FXで稼げているひとを、私は一人も知らない

長年FXをしていますが、一度も損きりをしないで、FXで稼げているひとを、私は一人も知りません。

逆に、損きりしないで、大損もしくは退場しているひとは、何人も知っています。

私自身も、損きりしないで、何度も痛い目に遇ってきました。

なので、損きりをしない考えは、とても危険です。

初心者は損きりしないのではなく、損きりできないだけ

また、初心者は損きりしないのではなく、損きりできないのかもしれません。

相場の予想が外れても、自らの判断の誤りを認められず、いつまでも含み損を抱えてしまい、結局耐えきれずに強制ロスカットされてしまうことが多いのです。

9勝1敗でも、資金を失うことがある

また、たとえ9勝1敗でも、一つの敗が大きいと、資金を失うことがあります。

そういうケースもとても多いです。

なので、勝率だけにこだわっても、FXで稼げるわけではありません。

FXで稼ぐためには、トータルでどれぐらい稼げているのか、利率で考える必要があります。

10億持っていても、資金を溶かす

これは知り合いから聞いた話ですが、たとえ10億持っていても、全資金を溶かしてしまうことがあります。

それだけFXは怖いと言うことです。

損きりしないでいると、いつか、全資金を溶かすことになるでしょう。

損きりしないと、資金を動かせなくなる

また、損きりしないと、含み損を抱えたままで、資金を動かせなくなります。

チャンスの時もエントリーできず、含み損に耐えることばかりに、資金を使ってしまいがちです。

ですから、損きりせず、含み損に耐える姿勢は、非常にコスパが悪いです。

相場に生き残りたいなら、損きりせよ

相場に生き残りたいなら、損きりせよ

相場に生き残りたいのであれば、やはり損きりはするべきです。

いつまでも損きりをしないのは、助かる時もあるかもしれませんが、いつかは強制ロスカットされる可能性が高いです。

FXで稼ぎたいならば、損きりしない思考は改めるべきでしょう。