FXでは損きりをせずに持ちこたえる方法もあります。

持ちこたえていると、相場が戻り、利益を得られることもあるのです。

今回は、損きりをしない手法について考えていきたいと思います。

そもそも損きり(損切り)するから損をする

FXで損きりしない方法

多くの方は損きり設定するでしょう。

相場が予想とは逆に動いたら、損きりをしてリスク回避することは有効な手段です。

しかし、毎回予想が外れて、その度に損きりをしていたら、結局は大きく損をしてしまうことになります。

また、予想が外れてしまったと思っても、相場は戻ってくることもよくあります。

損きりをせずに耐えてみるのも一つの方法

なので、相場が逆に動いても、持ちこたえられるのであれば、損きりをせずに相場がよくなるのを待つという選択もできます。

こうすれば、損失を出すことなく、FXで稼ぐことができます。

損きりをしない手法は相当な資金が必要になる

損きりをしない手法は相当な資金が必要になる

ただし、相場が予想以上に逆に動いた場合は、耐えきれなくなり、強制ロスカットされるリスクもあります。

そうなると、大損して大金を失ってしまうことになります。

ですから、損きりをしない手法は、どんなに相場が逆に動いても堪えられるほどの潤沢な資金が必要になるのです。

また、それほど資金がないならば、かなり少額で取引する必要があります。

大きな金額で取引していると、もし相場が逆に大きく動いたときに持ちこたえるのが難しくなります。

もし潤沢な資金があり、そんなに逆に相場が動いても持ちこたえらえるのであれば、損きりしないという手法も有効でしょう。

ただし、スキャルピングのように、いつも短期で利益を得るのは難しいでしょう。

損きりをしないということは長期保有することが多くなると思います。

なので、継続的に短期で利益を得るのには向かないかもしれません。

その代わりに、長期的視野で確実に利益を得ていくことはできるはずです。

あまり資金がないひとが損きりをしないのは危険

損きりをしない手法は、かなりの資金があってこそ有効なので、あまり資金がないひとは損きりしない手法をしても、大損してしまう可能性の方が高いです。

損きりをしない手法を行うならば、少なくとも10,000pips以上堪えられる資金が必要だと思います。

ユーロ/米ドルやポンド/米ドルなど円が絡まない通貨ペアでは、数ヶ月で20,000pips動くこともあるのです。

損きりをしないためには、それくらい動いても強制ロスカットされないほどの資金が必要になるのです。

もしくは、かなり少額の金額で取引をするかでしょう。

FXで稼ぐためには、資金管理が大切

FXで稼ぐためには、資金管理が大切です。

今の資金で、いくらまで含み損が堪えられるのか、どれくらい含み損を抱えてしまったら損きりした方が良いのか、よく資金管理しておくことが、FXで勝つためにも大切なことです。

単純に損きりしないだけでは、手法は研ぎ澄まされない

単純に損きりしないだけでは、エントリータイミングもデタラメになり、なかなか手法は確立されないでしょう。

ある意味で、損きりしないことが、ひとつの手法かもしれませんが、それをすると塩漬け状態になることが多いです。

かなり潤沢な資金があれば、塩漬けに耐えられることもあるでしょうか、それでも塩漬け状態は、破産を招く可能性もあります。

なので、安易に含み損を抱える状態は、注意が必要です。

FXで稼ぐためには、勉強が必要

やはり、FXで稼ぐためには、勉強も必要です。

損きりしないでも堪えられ勝てるほどの潤沢な資金があれば、勉強は必要ないと思うかもしれませんが、それでも効率よく稼ぐためには、FXについてしっかり学ぶ必要があります。

FXにはどういう手法があるのか学ぶことも大切です。

FXで勝てるようになるためには、取引を経験して、勉強していくしかありません。

ただ、しっかり勉強して対策を練っていけば、勝てるようにもなってくるはずです。

損きりをしないというのも一つの方法です。

マトリックストレーダーの公式サイトはこちら!マトリックストレーダー

ただし、この方法は何度も言うように相当な資金が必要になります。

あまり資金が多くない方が勝つためには、損きりしない方法ではなく、勝てるタイミングで取引することが大事です。

そのためにも、FXについてよく勉強していく必要があるでしょう。