キャバクラで働くことは結構疲れることもあります。

実際に、キャバクラで働くキャバ嬢の中には、疲れを感じている女性も少なくありません。そこで今回は、キャバクラでの仕事の辛さなどについて触れていきたいと思います。

キャバクラの仕事はノルマあり厳しい

キャバクラの仕事はノルマあり厳しい

キャバクラの世界は、お客さんから売り上げてナンボの世界なので、厳しいノルマ設定がされているお店もあります。

月に、数十万さらには数百万円のノルマ設定があり、同伴やアフターなども強要されることもあるので、精神的に追い込まれて辛いと感じるキャバ嬢も少なくないのです。

また、厳しいお店だとノルマ未達成の場合はペナルティが課されたり、体調不良などで仕事を休んだり遅刻すると罰金があったりと、せっかく稼いだ給料でも減らされてしまうことがあります。

客の奪い合いなどで人間関係が悪くなる

キ客の奪い合いなどで人間関係が悪くなる

高いノルマが掲げられているため、女性従業員同士での激しい客の奪い合いなどがあり、人間関係がギクシャクすることもあります。

時には派閥ができて対立することもありますし、自分に売り上げがあると周囲から妬みを買うこともあり、精神的に穏やかに過ごすことが難しくなります。

お店側に相談しても、なかなか仲裁に入ってもらえなかったり、誰かが贔屓されることもあります。

給料が安定しない

給料が安定しない

キャバ嬢は月の売り上げによっても収入は変わるため、毎月の給料は安定しないことが少なくなりません。どんなに稼げた月でも、翌月は全然稼げないということもあります。

また、指名が取れなければ、どんなに苦労して働いても稼ぎが少ないことがあり、労働量に見合わない低収入を得ることにもなるのです。

酔っ払い客を毎日相手するのが苦痛

また、毎日酔っ払い客を相手にするので、精神的な苦痛もあると思います。

時には体を触られたりして不快な思いをすることもあるでしょう。やめてほしいのに、ストレートには言えないのでストレスがたまることもあります。

アルコールでカラダを壊すことも

毎日のようにお酒を飲んでいると、肝臓などに障害を及ぼします。最悪の場合は入院が必要になることもあるでしょう。

そうではなくとも、毎日のようにお酒を飲んでいると、体がむくみ太ることもあります。夜の仕事だと、体調管理がしにくいのもキャバクラの仕事の辛さです。

夜が遅くまで仕事をしなければいけない

また、キャバクラの仕事は通常深夜まで及ぶため、夜遅くまで仕事をしなければいけません。

なので、肌や体調面で悪影響を及ぼしてしまうことが考えられます。どうしても夜遅くまで働くため、昼夜逆転して夜人間になってしまうことがあるでしょう。

もし、夜に働くのがキツイと感じているならば、昼間に働けるキャバクラの仕事もあります。

昼間に働けるキャバクラの仕事「TRY18」

「TRY18」というキャバ嬢派遣求人向けサイトならば、昼間に働けるキャバ嬢求人もあります。

夜遅くまで仕事をするのが辛いと感じている女性は、「TRY18」で昼間のキャバクラ求人を探してみるといいでしょう。

「TRY18」の公式サイトはこちらになります。「TRY18」

お店がなかなか休ませてくれない・パワハラを受ける

また、お店によってはなかなか休ませてくれないところもあります。

当初は自分の都合でシフトが組めるはずだったのに、なかなか休ませてもらえず、連日出勤させられるケースもあります。

そのようなお店は、利益のことばかりで、女性従業員の健康面を考えていない可能性があります。自身のカラダを壊さないためにも、そのままお店で働くかは慎重に考えた方がいいかもしれません。

他店に比べてあまりに時給が安い

また、働くお店によっては、他店と比べてあまりに時給が安い場合もあります。

時給の差は、月収で大きな開きを生じさせます。今一度、周りを見渡してみて、自分のお店は時給が低くないか調べて見る必要があるでしょう。

また、お店によっては入店してからある程度の期間(たとえば3ヶ月程度)高時給を保証してくれるお店もあります。最初から売り上げを上げるのはなかなか難しいことですので、そういう保証期間が設けられているお店で働くのもいいと思います。

大口客が来るお店かどうか

また、キャバ嬢が稼ぎやすくなるためには、大口顧客が来るお店かどうかも大切なポイントです。

なかなか大金を置いてかない一見さんばかりだと、大した売り上げにならないことが予想されます。売り上げを上げるためには、お客さんの質も大切です。

なかなか売り上げがあげられないのは、店側の営業方針にも原因があるのかもしれません。

お店がお金に関してルーズではないか

また、お店側のお金の管理についても注意しましょう。

給料の支払いが遅れないか、やたらとお金に関してごまかそうとしないか、罰金などがあり、毎回給料削減されていないか、よく見てみることです。せっかく働いているのに、給料がもらえない、支払いが遅れるようでは安心して働けません。

お店の経営状態が怪しくないか注意しましょう。突然お店がなくなってしまうということも無いわけではありません。お金にルーズだったり、支払いが遅れるようなお店は注意が必要です。

夜に働く女性への偏見

また、水商売や夜の仕事で働く女性への偏見というのもあるでしょう。

働いていることを親に言えなかったり、なかなか理解してくれる彼氏が見つからないということもあります。こちらとしては一生懸命頑張っているのに理解してくれないという、もどかしい気持ちもあるでしょう。

水商売からだと転職がしづらい

あとは、キャバクラなど水商売を経験している女性は、普通の仕事へ転職がしづらいと感じている方も少なくないでしょう。

しかし、実際は元キャバ嬢も普通の仕事に転職できているので、あまり心配する必要はないでしょう。

たとえば、「ANE JOB」というサイトでは、ナイトワーク経験者を対象にした正社員求人案件を紹介しているので、そういうサイトを利用するという方法もあります。

「ANE JOB」の公式サイトはこちらになります。「ANE JOB」

自分のカラダを壊さないためにもお店を変えてみる

このまま辛い思いをして仕事をするよりも、職場を変えて心機一転した方が気持ち良く働ける可能性があります。

お店側は、全力で引き止めるかもしれませんが、そのような言葉を聞く必要はありません。大事なのは、自分のカラダと自分の人生です。

いつまでも無理して働くことはない

いつまでも辛い仕事をするよりも、自分に合うお店で働いた方が、自分のためになるでしょう。いつまでも無理して働くことはないのです。

仕事先は探せばいくらでもあります。今の仕事にとらわれずに、もっと周りを見渡してみるといいでしょう。自分に合った環境がきっと見つかるはずです。

先ほども紹介しましたが、キャバクラの仕事を探しているならば、「TRY18」に数多くの求人案件があるのでオススメです。気になる方は、ぜひチェックしてみるといいでしょう。

「TRY18」の公式サイトはこちらになります。「TRY18」