『退職を2ヶ月前に伝えたら怒られた!』

そんなことありませんか?

私も怒られたことあります・・・

でも、これっておかしいですよね。

退職意思は2ヶ月前でも怒られた!?気にせず辞める方法とは!?

退職意思は2ヶ月前でも怒られた!?気にせず辞める方法とは!?

そもそも、退職意思は1ヶ月前くらいに言えばいいのです。

それを2ヶ月前に伝えても怒るなんて異常ですよ。

だいたい法律では、2週間前には伝えればいいわけで。

→ 退職届を出しても辞めれない時に即日やめる方法!

会社や上司は自分たちの都合しか考えていない

会社や上司が怒るのは、自分たちの都合でしか、考えていないのです。

あなたが辞められると、また新しい人材を探さないといけない。

どうしてもお金や時間がかかるから、会社もやりたくないのです。

つまり、あなたのことよりも、会社の利益が優先なんですよ。

上司は内心「あなたのことが羨ましい」

また、上司は内心で、あなたのことが羨ましいと思っているのです。

年齢や家族のこともあり、なかなか仕事を辞められない。

その一方で、あなたが辞めていくことが、羨ましくて仕方ない。

だから、色々言ってくることもあります。

私も散々言われました。

『自分勝手だ!』とか言われましたよ。

でも最後には、『お前が羨ましい・・』って本音言われましたからね笑。

そんなもんなんですよ。

→ 退職引き止めの本音『羨ましい・自分が困る』これだけ!笑

引き継ぎは必ずしも考慮しなくていい

あと、引き継ぎのことは、あまり考えなくていいですよ。

2ヶ月もあれば十分ですし、全てする必要はありません。

たとえ引き継ぎなしでも、仕事は進んでいきますから。

あなたが心配するほどではなく、会社は動いていきますよ。

心配するだけ、あなたの損です。

→ 退職を2ヶ月前に言うのは非常識ではない理由!

有給はしっかり消化しよう

有給取得は、法律でも守られています。

有給が残っているならば、しっかり使い切りましょうね。

何を言われても、あなたには権利がありますから、動じずに使うことです。

→ 退職1ヶ月前に怒られた!?あなたは悪くない理由!対処方法とは!?

怒ったりとやかく言うこと自体が情けない

そもそも、これから巣立っていく人間に対して、怒ったりとやかく言うこと自体が情けないです。

人間としての器が小さすぎますよね。

本当にあなたのことを思いやるのであれば、励ましてくれるものです。

それができない上司、会社ならば、このままいても辛いだけですね。

あなたは会社を辞めて正解ですよ。

退職代行業者を使い仕事をやめる

ちなみに、もし仕事をやめられないときは、代行業者がおすすめです。

『上司や会社に悪い』

『なかなかやめさせてくれない』

そんなことでお悩みではありませんか?

自分でやめるというのは、伝えにくいものです。

だからこそ、退職代行がおすすめですよ!

退職代行を使えば、面倒なやりとりもなく、即日仕事をやめられます。

アルバイトや派遣の方でも、退職代行業者を使っている方は、少なくありません。

退職手続きも全て代行業者がしてくれるので、かなりおすすめです。

私も代行業者を利用したことがあり、ちなみにこちらが良心的でした!後払い可能な退職代行「辞めるんです。」

もし、どうしてもやめられなくて困っている方は、退職代行業者も検討してみましょう。

まとめ

以上のように、退職意思を2ヶ月前に伝えて怒られた際の対処法について、お伝えしました。

はっきり言って、気にする必要はないですね。

勝手に言わせておけばいいですし、あなたは気にせず辞めることです。

もう会社をやめれば、そのひとたちとは会うことなんて、なくなりますから。

人間としても浅いひとたちなので、気にせずさっぱり辞めましょう!