『退職意思を伝えたら怒られた!』

『退職一ヶ月前に怒られた!』

そんな被害を受けている方も多いはず。

はっきり言って、あなたは決して悪くありません。

退職1ヶ月前に怒られた?あなたが悪いわけではない

退職1ヶ月前に怒られた?あなたが悪いわけではない

退職を伝えると、なぜか怒り出す上司が少なくありません。

でもこれ、あなたが悪いわけではありませんからね。

そもそもですよ、職業選択の自由が国民に保証されており、仕事を辞める権利もあるわけです。

それをわけもわからない理由で、あなたは上司に怒られる筋合いはありません。

→ 退職届1ヶ月前は非常識!?受け入れてもらえない!?

次のところを決めてから退職するのは非常識!?

『次のところを決めてから退職するのは非常識だ!』

バカ言っちゃいけませんよ(笑)。

だれがそんな決まりをしたのですか。

一体、日本の法律のどこに、次の会社を決めてから退職してはいけない文面があるのでしょうか。

それってね、結局は妬みですよ。

悔しいんです。

散々都合よく使えたあなたという存在がいなくなるのが。

罵倒する上司も会社に縛られているんですよ。

→ 言い方がきついパワハラ上司の対応方法!

ストレスのはけ口にあなたを利用しているだけ。

都合の良いサンドバッグがいなくなるのが、悔しくてしょうがない。

自分のストレスの発散場所、言うこと聞くやつ、洗脳できるやつがいなくなるのが、悔しくてしょうがない。

なんだか地獄の叫び声が聞こえてきそうです(笑)。

でも、これ、あながち間違っていませんよ。

じゃなけりゃ、よく上司の顔をみてください。

辞めるあなたに対して、悔しそうに苦しそうに、怒り狂う顔が見れますから。

大抵、退職する人間に怒るようなひとは、自分の都合が叶わなくなって、赤ちゃんよりタチが悪く、だいの大人が駄々こねるだけですからね。

そんな幼稚な相手に付き合う必要ありますか?

あなたの貴重な人生の時間を。

退職はもっと前に言うべきなの!?

『もっと早く退職を伝えるのが当たり前だ?』

いやいや心優しいあなたは、会社のために早めに伝えていたはず。

また、基本的には退職意向を伝えてから2週間後には会社を辞められます。

さらに言うと、パワハラや労基違反などある場合は、即辞められます。

会社や上司が、あなたがやめることを、止められる権利は一切ないんですよ。

あるとすれば、全力で脅して、あなたを恐怖に陥らせて、辞めないように諦めさせること。

これをしているのが、多くの会社や上司です。

というか、これしかできないのですが、従順な日本人に対しては結構効き目がある。

そもそも日本は上下関係厳しく教育されていますよね。

師弟関係、先輩後輩、修行とか、やたらと年齢が若いだけで、『上の意見は絶対』という変な文化があるじゃないですか。

これを否定するひとって、ほとんどいませんよね。

だから、その洗脳?文化を利用して、脅したり、怒ったりして、精神的なプレッシャーをかけてくるんですよ。

まんまとハマってくれるひとが多いからね。

でも、一番はそんな茶番に付き合わないことなんですが・・・

引き継ぎが難しいからすぐ辞めるな!?

『引き継ぎが難しいからすぐ辞めるな!?』

いやいや、引き継ぎができるかできないかは、会社の問題ですよ。

あなたには何も落ち度がありません。

だいたいなんですか?

引き継ぎを待たなければ辞められないって、めちゃくちゃおかしくないですか?

いつからそんな強制労働がまかり通るようになったんですか?

日本は結構暗黙のルールがありますよね。

  • 部下は上司より先に帰ってはならない
  • 定時で帰るやつは仕事をしていない
  • 体を壊すくらい働け
  • 上司の意見に刃向かうな
  • 上司の前に立とうとするな
  • 意見を出せと言うわりに、突拍子もないことは言ってはならない。

こういうのが普通に空気感としてもありますよね。

散々個性だなんだと言いながら、平気で個性を潰す文化が、巨木のごとく根強く、すくすくと育っていますよね。

だから、『引き継ぎが難しいから辞めるな』とか平気で言ってくるんですよ。

→ 人手不足なのに辞めるのは全く非常識ではない理由!

担当がいなかったらどうするんだ!?

『担当者がいなかったらどうするんだ!?』

知ったこちゃないですよ。

だって、あなたはもうその会社を辞めるわけですからね。

だいたいね、日本は恩着せがましい。

なんか、『会社がおまえを面倒みてやったんだから、会社のいうことは最後まで聞け!』的な雰囲気ありません?

実際に『やめるな!』とか意味わからない勝手なこと普通に言うでしょう。

いやいや、おまえのためとかいうけども、むしろ、あなたの方が会社のために散々動いてきたんですよ。

それを何意味もわからず、会社が面倒見たとか、言えるんでしょうか。

なんか『金払っているやつがえらい』という奴隷制度意識が強すぎませんか?

だから、『会社のために最後まで動いて当たり前』という身勝手な考えが蔓延しているんです。

日本は恩を大事にするとか言うけど、実際は、『恩を押し付けようとする』ですよ。

しかも、それ恩じゃなくて、ただの迷惑だから!(笑)

こういうのがね、とても強いんです。この国は。

極論「怒られても気にしない」

極論を言うとですね、「怒られても気にしない」ことです。

上司や会社は勝手に吠えさせておけばいいのです。

所詮は、あなたのことが羨ましくて、最後の遠吠えをしているだけ。

私も散々言われましたよ。

『お前はずるい!』『お前は卑怯だ!』『最後まで会社に迷惑かけやがる!』だとなんだの。

でもね、最後にはこう言っていましたよ。

『お前が羨ましい・・・』

正直に最初からそう言えよ(笑)。

いや、わかっていたけどさ(笑)。

そんなもんです。

上司も人間です。

できたひとなんて、そんないないんですよ、世の中には。

だったら、こんなだだこねたり、パワハラが世の中に充満しないでしょう。

なので、無視して最終出勤日まで過ごしましょう。

退職代行業者を使い仕事をやめる

ちなみに、もし仕事をやめられないときは、代行業者がおすすめです。

『やっぱり上司や会社に悪い』

『なかなかやめさせてくれない』

そんなことでお悩みではありませんか?

自分でやめるというのは、伝えにくいものです。

だからこそ、退職代行がおすすめですよ!

退職代行を使えば、面倒なやりとりもなく、即日仕事をやめられます。

アルバイトや派遣の方でも、退職代行業者を使っている方は、少なくありません。

退職手続きも全て代行業者がしてくれるので、かなりおすすめです。

私も代行業者を利用したことがあり、ちなみにこちらが良心的でした!後払い可能な退職代行「辞めるんです。」

もし、どうしてもやめられなくて困っている方は、退職代行業者も検討してみましょう。

あなたは上司や会社の犬になってはいけない

もうね、会社に悪いとか、変なこと考えるのやめましょう。

もう、会社や上司の犬になるのやめましょう。

洗脳から解き放たれましょう。

この国のブラックな洗脳文化は恐ろしいですよ。

弱い人間が歯向かえないように、ネチネチプレッシャーかけてきますからね。

どんどん相手が弱っていくのを楽しみにしているサイコパスって、結構どこにでもいますよ。

なので、あまりそのような頭のおかしい相手に、人生の時間や体力を消耗しないこと。

もっと明るい自分の人生を考えていきましょう!

→ 退職の電話が怖い!怒られるから言えない時の対処法とは!?

まとめ

以上のように、退職1ヶ月前に怒られた際の対処方法について、詳しくお伝えしました。

もう怒る人間はどうしようもないです。

あなたが相手を変えることはできないので、ほっときましょう。

どうせやめるわけですから。

それよりも、次の会社・仕事に集中しましょうよ!

その方が、よっぽどあなたの人生のためになりますから!

あともう少しの我慢ですので、前向きにいきましょう!