FX投資では、勝っているひとよりも、負けているひとの考えを聞いた方が良いことがあります。

これから投資で勝ちたいならば、負けているひとの原因こそ、知った方が良いでしょう。

勝ち方は人それぞれ様々

FX投資の勝ち方

FX投資で勝つ人は、それぞれのオリジナルパターンを持っています。

また、勝っている人の投資をしても、必ずしも自分が勝てるわけではないのです。

もちろん、勝っている人の投資方法を聞くのは、大変参考になるでしょう。

でも、あまり鵜呑みにして、投資方法を真似ても、必ずしも勝てるわけではないのです。

負けている人のパターンを学べ

しかし、勝ちとは逆に、負けている人には、ある一定のパターンがあることがわかります。

勝ち組になるには、数多くのパターンがあり、自分に合うのを見つけることは大変なので、まず負けるパターンを知り、自分がそのパターンに入らないようにすれば良いのです。

負けパターンを排除すること。

FXで儲かる方法を探すのではなく、FXで損する方法を考えて、それをしないようにすれば良いだけなのです。

負けるパターンをしない、もしくは、その逆を行うことで、良い方向に進む場合もあります。

代表的な負けるパターン

FX投資の代表的な負けパターン

それでは、FX投資の代表的な負けパターンとは何か、下記で詳しくお伝えしていきたいと思います。

少ない資金で始めようとする

少ない資金で始めることは、リスク回避のためにも悪くないと思うかもしれません。

しかし、あまりにも少ない資金で投資を行うと、身動きができず、結局取引がしにくくなり、損失を出してしまうことになるのです。

ですから、あまり少ない資金で取引を行うのも、負けるパターンに陥る原因になってしまうのです。

高いレバレッジで取引する

まだ、FX投資で勝てる方法も確立できていないのに、高いレバレッジで取引するのは、ある意味で自殺行為です。

最初は低いレバレッジで様子を見ることが大切になります。

高いレバレッジで大きく儲けようとするほど、大敗してしまう原因にもなるのです。

マイナー通貨を選ぶ

負けるパターンの人は、意味もなくマイナー通貨に手を出しがちです。

マイナー通貨は、取引量も多くないため、スプレッドが高めですし、動きが予想しづらいです。

慣れていないのに、不必要なリスクをかけて、マイナー通貨に挑むのは、やめた方が良いでしょう。

コストの高いFX会社を利用する

コストの高いFX会社を利用する

FX会社によってはコストの高い会社もなかにはあります。

日々取引を行うためにも、いかにコストを抑えて取引できるかが大切なポイントです。

FX会社選びは慎重に行うことです。

下記でも、紹介しているFX会社を参考にしてみると良いでしょう。

損きりをしない

初心者投資家に多いのが、損きりをしないことです。

損きりしなければ、損失が出ないように思うかもしれませんが、実際は損失を大きく膨らませているだけです。

取引で必要なのは、資金管理です。

常にポジション調整をして、リスクを最小限に抑える動きが必要となるでしょう。

損きりをしないトレードは、少額ロッドで行うか、潤沢な資金がないと、難しいでしょう。

利益が出たらすぐ確定する

精神的に弱い人ほど、利益が出たら、すぐに確定したがります。

せっかく利益が得られるのに、伸ばそうとせずに、薄利では十分な利益を得ることができません。

負けるパターンの人は、利益を得られるタイミングを逃し、損失を増やしている人が多いのです。

感情的にトレードしてしまう

感情的にトレードしてしまう

感情的にトレードする人ほど、負ける傾向にあります。

FX投資は、いかに冷静に判断していくかが大切です。

精神力が試されるゲームとも言えるでしょう。

相場に感情を奪われているようでは、トレードに悪影響を及ぼし、勝つことができないのです。

祈っても、相場は思うように動いてはくれません。

FXで勝つには、冷静に相場と向き合うことです。

ロングしかしない

ロング・買い注文しかしない人も注意が必要です。

FX投資ではショート・売りで入った方が儲けられることがよくあります。

どうしても、初心者は入りやすいロングから始めますが、FX市場では様々な事柄を読み解き、売りから入ることも必要なのです。

ロングしかできない人は、数多くの利益のチャンスを逃しているかもしれません。

スワップ金利のみを目的とする

スワップ金利のみを目的とした取引を注意が必要です。

もともと金利は変動していくものですし、いつもスワップ金利が狙えるわけではありません。

また、スワップ金利ばかり狙うあまり、余計な損失を出している可能性もあります。

スワップ金利のみに、目がくらまないように注意しなくてはいけません。

スワップ金利を狙う場合は、長期的なトレードが必要になり、またある程度の含み損にも耐えなければなりません。

なので、塩漬けする状態も長くなってしまうのです。

もし、相場の動きが、大きく予想に反して動きをしてしまったら、強制ロスカットされる可能性もあります。

スワップ狙いで行くかは、慎重に判断する必要があるのです。

チャートを見ない

チャートを見ないでFX投資してしまう

チャートを見ないで取引をするのは、眠って運転するようなものです。

状況を見て、判断する必要があるFX投資に置いて、チャートを見ることは必須です。

適当に取引をしても稼げるわけではありません。

チャートの微妙な動きを読み、取引していくことが大切なのです。

思いつきで取引してしまう

相場がわからないからといって、思いつきで取引しても勝てるわけではありません。

FX投資は上がるか下がるかのどちらかですが、ラッキーパンチはいつまでも続くわけではないのです。

FX投資で継続して勝ち続けるためには、常に研究・勉強して、考えながら取引する必要があります。

値ごろ感で勝てる方もいますが、それは相当な経験がないと、判断が難しいでしょう。

初心者の方、負けている方が、思いつきでトレードしても、なかなか勝てるわけではありません。

24時間取引する

FX投資は24時間取引できるからといって、いつでも好きな時に投資すれば良いわけではありません。

相場が動く時間帯があり、それに合せて取引を行うことで、稼ぎやすくなるのです。

ですから、世界市場が動く時間帯を把握すること。いつ取引を始めたら稼ぎやすくなるのか、よく観察して取引を行うことが重要になるでしょう。

負けパターンのトレードをなくす

負けパターンの投資を排除せよ

FX投資で大切なことは、勝ちパターンを研究するよりも先に、負けパターンを調べて、自分の投資から排除させることです。

負ける人には、ある一定のパターンがあります。それにハマらないように、自分の投資方法の中から排除していくことが大切です。

勝っている人の話を聞くのも良いですが、負けている人からも話を聞くようにすると良いです。