このブログでも、FX投資で1日10pips獲得し続けられれば、1年後にはかなりの利益になっていることをご紹介しました。

しかし、1日10pips抜き続けるというのは、至難の技です。

1日10pips抜き続けることの難しさ

1日10pips抜き続けることの難しさ

FX取引において、1日10pips抜き続けられれば、1年後には相当な金額になっていますが、正直毎日10pips抜くのは結構大変です。

FX投資は毎日勝てるわけではなく、ときにはマイナスになることもあります。

1回10pips獲得するのはできるかもしれませんが、それを毎日続けるのはかなり運がよくない限り難しいでしょう。

負けたときに精神状態が大切

大切なのは、負けたときの精神状態です。

負けるときは、それまでの利益が飛ぶほど損失することもあります。

そういうときに、ムキになって取引しようとしない冷静な精神状態が大事になります。

負けるときは結構精神的にこたえるものです。

負けたときにどう立ち回れるかが重要なポイントでしょう。

投資手法はブレやすい

投資手法はブレやすい

また、取引で少しでも勝てるようになると、気が大きくなって、それまでの手法がブレやすくなります。

そうなるとエントリーや決算タイミングがズレてしまい、結局大きな損を出してしまうこともあるのです。

勝ちやすい手法を確立して、むやみに手法をブレさせないことも大切です。

気が大きくなったり、精神的に不安定な状態だと、手法もブレやすくなります。

投資記録をつけることが大切

また、自身の取引を振り返るためにも、投資記録をつけておくことが大事です。

投資記録をつけておけば、毎日どういう動きをしたのかわかりますし、目標も見失いにくく、目的を持った取引がしやすくなります。

ちょっと稼げたり、損を出したりしただけで、指標がブレやすくもなるので、投資記録はぜひつけておくと良いでしょう。

勝てる可能性が高いタイミングでエントリーする

毎日10pips抜くためには、勝てる可能性が高いタイミングでエントリーすることです。

「なんとなくエントリーしたい」というような曖昧な感じでエントリーするのではなく、勝てる可能性があるタイミングでエントリーすることでしょう。

要するに雑なエントリーをしないということです。

よく観察して本当に勝てそうなタイミングでエントリーを心がけると良いでしょう。

トータルで勝つことが大切

毎日10pips抜き続けるのは簡単なことではないので、トータルで勝っていればそれでも良いかもしれません。

10pipsにこだわり、損したときもムキになって取り返そうとすると、さらに損を増やしてしまう可能性があるので、「トータルで勝てればいい」という考えも大事かもしれませんね。