会社が苦痛でしかない、会社にいるのも耐えられないという方もいるでしょう。そこで今回は、会社が苦痛で仕方がない方へのメッセージを送りたいと思います。

今の会社が全てではない

会社が苦痛でしかない方へ

会社が苦痛でしかない方は、今の会社が全てだと思わないことです。長くいればいるほど、今の会社以上に良い条件の会社はないのではないかと思うかもしれません。しかし、会社はいくらでもあります。その会社が自分に合わなかっただけかもしれません。もっと周りを見てみることが大切です。長く同じ会社で働いてしまうと、これ以上の会社はないと盲目的に思ってしまいます。

でも、いつまでも同じ会社で苦痛を感じていることこそ、残念な時間はありません。その苦痛に耐えて自分が成長するならばまだしも、何も得られないような状況ならば、いても意味はないのです。ただ金を持っているだけになってしまいます。苦痛に耐えてまで、今の仕事を続ける意味はあるのでしょうか。ひょっとしたら、さらに自己成長できる場所はあるかもしれないのです。

恐怖は自分の心の置き方次第

転職しようとしたり、キャリアチェンジしようとすると、恐怖を感じることがあるかもしれません。しかし、恐怖というのは、自分の中で作り上げた感情でしかないのです。感情がコントロールできれば、恐怖なんていくらでも消し去ることができます。人は、不確かな未来、将来に対して決断しようとすると、恐怖を感じるものです。逆に予想がつく安住の地だと、恐怖は感じない傾向にあります。

つまり、新しいことをしようとすると、どうしても恐怖は感じてしまうものなのです。だとしたら、恐怖は感情でコントロールして、より良い生活や会社での仕事を目指すために、転職なりキャリアチェンジした方が良いでしょう。苦痛である会社は、いつまで働いても苦痛でしかありません。自分が決断するしかないのです。

人は変えられないことを知ろう

苦痛は自分の判断で変えろ

他人を変えることはほぼ無理だと思った方が良いでしょう。会社で苦痛を感じている人は、職場の人間関係にも原因があると感じている方もいるでしょう。相手が変われば、職場はさらに改善される、自分が苦痛を感じなくてもよくなると思うかもしれません。しかし、相手を変えることは簡単なことではありません。人は誰かに変えられるほど簡単な生き物ではないのです。それぞれの生き方、考え方を持っているため、簡単には他人を変えることができません。

もし変えるのだとしたら、自分を変えた方がかなり楽です。相手の変化を期待するのではなく、思い切って自分から変わる。考え方を変えるのでも良いですし、職場を変えるのも一つの方法です。相手が変わることを待っていても、一向に相手は変わらないで、自分だけ苦しむことになるでしょう。ならば、自分から変わることです。相手に過度な期待を求めるのはやめましょう。相手に期待しても何も見返りはありません。それよりも、自分を変化させ、成長させることに重きを置いた方が、よっぽど効率良いはずです。

そのまま奴隷生活を強いられるだけか

奴隷生活

奴隷生活は大昔の話だけではありません。金のために、無理やり働かされている現代人も、十分奴隷のような生活を強いられている可能性があります。もし奴隷生活を脱したいのであれば、真剣に自分の人生について考えるべきです。このまま会社からの苦痛に耐えるだけでいいのか、自分で変化させられることがないのか、真剣に考えることが、苦痛を受けている状況を突破させる方法になります。

願望だけでは苦痛から逃れることはできないでしょう。願っても誰かが助けてくれるわけではありません。自分から行動しないといけないのです。それには、まずできることからでいいので、積極的に行動に移していくこと。いきなり難しいことはできないでしょうから、できることから一つ一つ改善させていくことが何よりも大切なのです。

とりあえず、様々な求人を見たり、今後自分がどういう生活をしていきたいのか、考えることも大切です。苦痛に感じていることは、人生を見つめ直すチャンスなのかもしれません。今こそ、今後の人生について本気で考えていきましょう。