辛い会社員生活からおさらばしたい!専業FXトレーダーになって自由な生活がほしい!ストレス社会から逃げて楽になりたい!誰しもがそう思うでしょう。しかし、専業FXの世界はそんなに甘いものではないのです。常に自分との戦いで、専業FX生活もそれなりにストレスが伴うものです。専業FXトレーダーはどのような生活を送っているのか、詳しく見ていきましょう。

誰しもが憧れる専業FXトレーダーの生活日々

専業FXの生活は結構大変

専業FXトレーダーは行きたくない会社に行かなくてよく自由な生活にも見えますが、専業がゆえに大変ことも多々あるのです。専業FXトレーダーになると何が大変なのか、詳しく見ていきましょう。

失われる健康的な体

FXでお金を稼ぐFXでお金を稼いでいく

専業FXになるとまず失われるもの、それが健康的な体と言われています。なぜなら、四六時中画面に張り付くわけです。稼ぐために、また損失を出さないためにも、常にパソコンの前に張り付いていないといけません。トイレに行くのも困難なほど、世界経済は動いており、気がぬけることはないのです。なので、動かない体は不健康になります。また、睡眠も削られます。市場は平日であれば、24時間動いているので、儲けるタイミングも失わないため、十分な睡眠をとることができないのです。2、3時間おきに目をさますこともあり、市場が大きな動きをしないときに仮眠することもあります。どうしても専業FXトレーダーになると不規則になりがちなのです。

日々精神的ストレスとの戦い

他にも専業FXトレーダーが苦しめられるのがストレスです。会社員でなくなっても専業FXトレーダーは精神的ストレスが伴います。もう会社からの給料があてにできず、専業FXのみで稼がないといけないのです。独り身ならまだしも、これが家族を持っているとなると相当大変です。心に余裕を持たせることは皆無に近いです。特に、稼がなければいけない状態で、うまく稼げていないと精神的に不安定な状態になります。寝たくても寝れない日々がやってくるでしょう。別の意味でのストレスが専業FXトレーダーには伴うものなのです。

24時間稼げる可能性と損する可能性

また、専業FXトレーダーは時間があるゆえ、24時間稼ぐチャンスがあります。別の意味でいうと、24時間損する機会に見舞われているということなのです。FXは勝ち続けることはできず、負けるときは必ずやってきます。そのような時に、どううまく負けられるかが重要なのです。専業FXは稼げるチャンスもありますが、同時に負ける可能性も十分あるので、不安定な日々を送ることも多くなるのです。そこには大きなストレスが生じることでしょう。

FX副業でお金を稼ぐFXお金を稼ぐ副業

専業FXトレーダーになるには覚悟が必要

FX本気で稼ぐFXなら大金を稼ぐことができる

このように、専業FXトレーダーになったからといって、自由に生活できるわけではなく、むしろ荒波に飲まれる日々が続きます。不安定な生活の中でも稼ぎ続けなければいけません。常人の精神だと到底耐えきれない世界が専業FXトレーダーの生活です。なので、専業でFXするならば、命がけの覚悟が必要になるでしょう。大げさではなく、本気でFXで人生を切り開く覚悟が必要になるのです。これだなければ、FXで成功することはとても難しいでしょう。今は、会社員生活から離れたく、専業FXを夢見ているかもしれません。でも、現実はそんなに甘くないのです。専業FXトレーダーは日々命がけで相場と向き合っています。本気で専業FXするならば、本気の覚悟が必要になるでしょう。相当険しい道が待っています。