正直言って、第二新卒の転職活動は難しくありません。

第二新卒の面接官相手は楽勝と言ってもいいほどです!

第二新卒の面接は難しくない

第二新卒の面接は難しくない

第二新卒の転職活動は、それほど経験は求められていません。

なぜならば、まだまだ若いからです。

若いゆえに、それほど経験も豊富ではないことは、面接官もわかっています。

第二新卒は若さが最大の武器

なので、第二新卒の最大の武器は、若さなのです。

経験値ではなく、若さ・伸び代があるからこそ、第二新卒では採用されるわけです。

ですから、あまり経験がないからといって、第二新卒の方は諦める必要はないのです。

面接官は全てお見通しなわけではない

それに、面接官は全てがわかるわけではありません。

所詮は、初対面のあなたの全てがわかるわけではなく、表面的な部分しかわからないのです。

ですから、あなたが「仕事ができそうな人間」を演じられれば、採用される可能性は十分にあります。

面接はある意味でお見合いです。

相手に気に入ってもらえれば、採用される可能性は十分にあります。

なので、「どうすれば相手(採用担当者)に気に入ってもらえるのか」を意識しながら、面接に挑むことです。

たとえ、あなたにスキルや経験がなくとも、採用担当者に気に入ってもらえれば、採用されるわけです。

煽り面接に屈する必要なし

ちなみに、第二新卒の面接では、煽り行為を受けることがあります。

あからさまにマウントを取られて、攻撃的な面接を受けることがあるのですが、決してそれに怯まないことです。

採用担当者によっては、性格が悪いひともいます。

決して世の中、良いひとばかりではないので、悪いひとに当たっても、怯まないことです。

「たまたま運が悪かった」程度に思って、やり過ごしましょう。

また、そのような性格の悪いひとの下で働くと、結構あとが大変なので、無理して採用されようとする必要はありません。

たとえ落ちてもチャンスはたくさんある

そして、たとえ面接に落ちたとしても、他にも企業はたくさんあるわけで、採用されるチャンスはいくらでもあります。

なので、第二新卒の面接で落ちても、諦めずにエントリーし続けることです。

あまり感情的になってしまうと、あとが続かないので、割り切って面接に挑みましょう。

第二新卒の面接は決して難しくない!

第二新卒の面接では、所詮表面的な部分しかわからないので、あまり気をわずに、行動を起こすことです。

転職活動を続けていけば、採用される可能性は十分にあります。

いかに気に入られる存在になれるか、意識しながら面接に挑んでみましょう。